店頭販売は、ご注文をお受けしてからそば粉を仕上げますので少々お時間を頂戴します。

おはようございます。

今日も福井県産 越前そば粉の販売は午後6時半頃まで営業しております。挽きたてのそば粉をどうぞお召し上がりください。

店頭販売はご注文をお受けしてからそば粉を仕上げますので少々お時間を頂戴します。でも、ご来店前にご注文のお品をお伝えいただければ、あらかじめご用意できますので店頭にてすぐにお渡しできます。よろしくお願いいたします。

今日はそばの主要産地でもある勝山市で積雪があり、今朝の朝刊に除雪の様子が紹介されていました。

スキーヤー、ボーダーにとっては恵みの雪といった感じでしょうか。勝山市には【スキージャム勝山】という北陸最大級のリゾートスキー場があり、毎年、北陸3県・関西・東海地方などから大勢の方が訪れます。

冬のスポーツはすぐに筋肉痛になるし怪我でもしたら大変なので、最近はあまりしなくなりました。なのでジャムに行く時は専ら温泉目的です。ゲレンデを散歩しても十分雰囲気は味わえるし、最近はスキー場でも結構美味しいものも食べられますしね。ジジくさいですね(笑)

今年の冬はどれくらい雪が積もるか楽しみでもあり、うんざりでもあります。雪が降ってしまえば寒さも和らぐのでそういう意味では楽になりますね。

カテゴリー: 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | 店頭販売は、ご注文をお受けしてからそば粉を仕上げますので少々お時間を頂戴します。 はコメントを受け付けていません

ユキガミナリ

こんばんわ。

今日の天気は大荒れです。
大きな雨雲に一面覆われて、カミナリゴロゴロ。

少し静かになったかと思えば、今度はアラレが降って気温が一気に下がりました。
今も手がかじかむような寒さだし、今晩あたり風邪をひく人が多そうな予感・・。
みなさま、手袋、マフラー、コートを着て移動してください。そして今日は暖かくしてお休みください。

今日唸っていたのは雪を降らせるカミナリ。僕たちは”雪ガミナリ”と呼んでいますが、とうとう来た感じですね、ふくいの冬の本格的な始まり。

僕は1981年の五六豪雪真っ只中の時に生を受けたのですが、その日は連日降り続く雪の影響もあって地上3メートル以上の積雪があったそうです。家の1階は雪で埋まっていたので、僕をお腹に入れた母親は2階の窓から外へ出て足場の悪い中、近くの産婦人科まで歩いて行ったそうです。想像するに苦しいので頭が下がります。

夏が暑いと冬は厳しくなるとよく耳にしますが、実際はどうなんでしょうか。
昨年の夏は今年みたいにかなり暑かったけど、冬はそれほど厳しくもなく、でもいつまで経っても冬だった気がするので、あんまり関係なさそうに思えてきました。
今まで栽培や漁獲できたものが最近では日本も温暖化が進み、同じところでの収穫が難しく栽培地域が北上していますし、気候がどんどん変化して自然災害の規模が極端に大きくなりつつあり、農作物の栽培が難しくなっていることに年々不安は増えるばかり。

北陸は四季がはっきりしているので、その時々の景色が見られる地域だと言われますが、最近はすぐに気温が上がってしまうので春と秋が極端に少なくなったように感じます。春は春らしく、夏は夏らしく、秋は秋らしく、冬は冬らしい季節感というものがだんだん弱くなっているのは寂しい限りです。

カテゴリー: 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | ユキガミナリ はコメントを受け付けていません

今が旬の「越前がに」を地元では、「えっちぇんガニ」と訛って発音します。

とうとう僕の口にも入ることに相成りました。

今年の越前ガニです。

母が今日、茹でたばかりの朝採れカニを浜まで行って買ってきてくれました。

こちらです!

中サイズで市場価格はウン万円だそうですが、ウン千円で買えたそうです。さすが産地直売!価格も鮮度も最高です。

右腕に「越前ガニ」を証明するおしゃれな黄色のバングルはめてます。

サイズの割にずっしり重くてミソがたっぷり入っていました。

いいカニを譲ってくれたんですね。

これで今月も全力で頑張れそうです。

カテゴリー: 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | 今が旬の「越前がに」を地元では、「えっちぇんガニ」と訛って発音します。 はコメントを受け付けていません

永平寺町のそば畑は、実がどんどん熟して完熟にまりつつありますよ。

こんにちは
本日は午前中のみ営業です。

毎週土曜日は午前中のみの営業で、月のうち2回は休業日とさせていただいております。
ご来店いただくお客様の中で午前中に来れない場合はお電話ください。
よろしくお願いいたします。

今日は永平寺町の完熟そばを見てきました。
キレイな青空なんですが風が冷たくてとても寒いです。花がもじゃもじゃになって黒くしおれているところに実が付いていて、黒く熟し始めています。

近くに大きな看板が立っているおかげで日当たりにムレができてしまい、部分的に白い花が咲いているところもありますが全体的に状態は良好のようですね。

先週末ごろから完熟そば入荷待ちのお問い合わせを多くいただいております。ただいま、まだ畑に植わっている状態で収穫はまだ先になりますので、入荷の予定は12月中旬頃だと予定しています。もう少々お待ちください。

早刈り新そばは薄緑色の見た目と香りはいいのですが、未熟なうちに刈り取ってしまうため味わいが淡白です。ところが完熟は十分熟してから刈り取るので、緑っぽい色みは出ませんが味が濃く香ばしい香りがします。しかも追熟することでさらに旨みが増します。

早刈り新そばは新鮮さが命なので食べごろは”収穫してすぐ”に対し、完熟は収穫後1ヶ月半~2ヶ月後がもっとも美味しくなると言われています。ですから1月末頃から3月初旬頃が一番の食べ時です。福井はその頃になると雪が降って連日寒い日が続くので、一番食べてほしい時期ではあるものの温かいうどんを食べてしまいがちです。

ぜひ旬を迎えたときの完熟そばをお召し上がりください。

カテゴリー: 福井県内に育つそばの様子 | タグ: | 永平寺町のそば畑は、実がどんどん熟して完熟にまりつつありますよ。 はコメントを受け付けていません

月刊URALAの「全国が注目する優れモノ」に末吉製粉をご掲載いただきました。

おはようございます。

寒くなるとお酒が本当に美味しくなります。

この季節の福井は魚やカニなどの海産物は旬を迎えて、新そば、新米、美味しいものだらけでお酒に合うものばかり。

福井には鯖や鰯のヌカ漬けや塩うになど塩分のキツい保存食も数多くあって、その多くは地元で消費されるので塩分過多で平均寿命が短いように思われますが実は男女とも全国トップクラス。それは普段の食事のベースが粗食で塩分控えめ。そしてそばや根菜類などの食物繊維を多く消費するからだそうです。また毎晩、適度な晩酌をする高齢者が多いというのも一つの要因だと何かの雑誌で見ました。

程よい塩分というより、少し薄めの味付けのものと高塩分のものを食物繊維とともに消費し、お酒もちょっぴりいただくといった感じなのでしょうかね。美味しいものを食べて長生きできるなんて本当に幸せなことです。

さて、今月初めのことになりますが福井では一般的なタウン誌「月刊ウララ」さんから取材をお受けしていました。全国が注目する優れモノ。と題して、インターネット通販という“手段”で全国に発信している福井の企業の特集にご掲載いただきました

同じ特集の他の企業さんも知っている方ばかりで、僕も所属しているインターネット研究会のメンバーでした。

すごい!

みなさん、販売形体や今までの歩みは三者三様でも、お客様への深い感謝の気持ちは同じです。本当にありがとうございます。

記事を見た妹に「めっちゃ笑ってるやん!」というメールがきました(笑)

こんな笑顔いつ撮られたのか・・カメラマン恐るべし。

カテゴリー: メディア掲載 | タグ: | 1件のコメント

勝山そばオーナー体験農園にて、そば栽培を体験している写真をいただきました。

おはようございます。

今朝は薄く雲が張っていますが良い天気。

カガセイフン本店は夕方18時半まで営業しております。挽きたての早刈り新そばをどうぞお召し上がりください。新商品の【吉峰】も好評発売中です。すぐにご用意できない商品もございますので店頭販売の場合はあらかじめお電話でご注文内容をお伝えください。

今年のそば農園の写真を何点かいただきました。まずは播種の時ですね。

ただ種を播くだけなのに結構重労働。普段も重労働はしてますがいつもと違う筋肉を使うからですかね、ヘタヘタになったことを覚えています。

参加者全員、近隣の野向小学校の子どもたち、勝山弁天そば会のみなさん、勝山市そばコーナー実行委員会の方々との一枚です。中央には勝山市長さんと素人そば打ち名人の井さんもいます。この日はじっとしているだけで厳しい日差しが突き刺さるような暑い日でした。念のため・・の取り直しが本当に辛かったです。

収穫の頃。

「思いっきり刈ったでー」と言っています。

手刈りは初めての体験だったのでとても興味深くて、農家さんたちのご苦労を今まで以上に感じ取った大切な経験でした。この後、乾燥させて製粉して打って・・食べるまでにはまだまだ道のりが長いです。

体験農場は福井県内の参加者はもとより、県外の方の参加も募集しています。今回は関西からの参加者も数組あり、日常の生活とはかけ離れた環境に大人も子どもも楽しそうでした。のどかな田舎の環境でそばを栽培してみて食べてみて感じてみるのは良い事です。

ご興味のある方、来年の募集もあるみたいですから、ぜひご参加ください。

僕はできれば来年も参加しようと思っています。

そばオーナー体験農園

カテゴリー: 福井県内に育つそばの様子 | タグ: | 勝山そばオーナー体験農園にて、そば栽培を体験している写真をいただきました。 はコメントを受け付けていません

吉田郡永平寺町のそば畑で物思いに更けていそうなサギを見つめていました。

こんばんわ。

昨日の勤労感謝の日は日ごろのお仕事とお客様に感謝して、お得意様のお店でゆっくりお蕎麦をいただきました。

やっぱ福井のお蕎麦は旨いです。

福井では基本的に年中キンキンに冷えたおろしそばを食べます。一見寒そうですが、おろしそばは冷たくても大根おろしが汁ごとたっぷり入っているので、後から体がポカポカしてきて、温かいお蕎麦を食べるよりよっぽど体温が上がってくるんです。

食べた後は、口も胃の中もサラッとすっきりして気持ちがいい。なんか元気になります。

今日の配達途中に見かけたとあるそば畑で、サギ・・だと思うんですけど(そうじゃなかったら鳥さんごめんなさい)、畑に背いて遠くを覗いているかのような感じで立っていたので、僕も少しずつ近づきながら観察してみました。

警戒はしていたみたいですが、かなり近づいても全く動じず、じっとしたまま。

結構、慣れているんですかね。

っと思った瞬間にバサッと行かれ、「まだまだだねー」なんて言われているような気がしました。

また明日から気を引き締めて頑張っていこうと思います。

カテゴリー: 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | 吉田郡永平寺町のそば畑で物思いに更けていそうなサギを見つめていました。 はコメントを受け付けていません

刈り取ったあとのそば畑は、茎の色で赤く染まっています。

おはようございます。

クリスマスソングがやたらと流れ始めましたね。

曜日の感覚がない日々を送っていると、耳から入ってくる歌で日に日に近づいているんだなーと実感します。

明日は勤労感謝の日です。

自分の一生を一つの職業につらぬける幸せと支えてくださるお客様に心から感謝し、今一度自分の在り方や今後のお仕事を考えたいと思います。

今日は刈り取りそばを刈り取った畑のその後を見てきました。

以外とみなさん、刈り取った後の畑って見ないでしょ? 見てるけど分からないのかも知れません。

そばの茎は赤く染まっている為、刈り取った後の畑は真っ赤になり、一目で何が栽培されていたのか分かります。

ソバは冷えた土地でも育ちます。でも、そのかわり一度収穫すると畑の養分をすべて根こそぎ持っていってしまうので連作難しく、次年度は他の作物を栽培して畑を肥やさないといけません。

頑丈な茎、根も土にしっかり張りめぐらされていて、引っ張っても少々の力では抜けません。

これからソバの産地は真っ赤な畑で染まります。遠くから見ていると結構きれいです。

完熟そばはまだ畑に植わっています。

次回、レポートします。

カテゴリー: 福井県内に育つそばの様子 | タグ: | 刈り取ったあとのそば畑は、茎の色で赤く染まっています。 はコメントを受け付けていません

【勝山そば農園体験農場】93日目は乾燥作業に入り、そば打ちを待つばかりです。

こんにちは

粉奈屋6代目です。

今日は刈り取りの終わった農場を見てきました。

ばっさりいってますね(笑)

この前は背高く実っていたはずのソバがさっぱりと無くなっていると寂しいものです。

今は乾燥作業に入っています。次はいよいよこのそばでそば打ちです。

どんな感じで仕上がるのか楽しみです。

↑お隣さんの畑です。

早刈りとして収穫されたあとですね。

今日はお天気が良かったので、空気が美味い!

腹へる・・

帰りの道中、パッと後ろを見たらこれまたキレイな景色。

左上の山は白山連峰。雪が積もって輝いています。

右上は「スキージャム勝山」。僕ら地元民は「ジャム」と言いますが全国的には「ジャム勝」と呼ばれているそうですね。

福井は海と山に囲まれているので、夏は海、冬はスキー・スノボ、四季それぞれに楽しめるレジャーがたくさんあり、都会へのアクセスが良くないという以外は、食べ物にも恵まれて住みやすいところです。この季節の福井は一番美味しい時ですから、ぜひお越しください。

カテゴリー: 勝山そば農園体験農場 | タグ: | 【勝山そば農園体験農場】93日目は乾燥作業に入り、そば打ちを待つばかりです。 はコメントを受け付けていません

早刈り新そばの刈りとりもそろそろ終わり、完熟そばの収穫を待つのみとなりました。

早刈り新そばの刈りとりもそろそろ終わり、完熟そばを待つのみとなりました。

福井の実はあまり大きく育ちません。
早刈り品とほぼ同じ形のまま、膨らんで熟していきます。
茎の赤い色がだいぶ頭の方まで上がってきましたね。良い感じです。

完熟そばは早刈りのように緑っぽい色みや若々しい香りはありませんが、そばらしい素朴で深い味わいと香ばしい香りがあり、この玄そばを使用した【金華】特上そば粉や【越前】丸挽きそば粉、【奥越】粗挽きそば粉が特にお薦めです。

完熟新そばのお取扱いは、早刈り新そばの販売を終了する12月中旬~下旬ごろを予定しております。
こちらもぜひお試しください。

カテゴリー: 福井県内に育つそばの様子 | タグ: | 早刈り新そばの刈りとりもそろそろ終わり、完熟そばの収穫を待つのみとなりました。 はコメントを受け付けていません