今庄在来そば(南越前町産)限定入荷!小粒で濃厚な風味が特徴のプレミアムな玄そばです。

南越前町から今庄在来の玄ソバが届きました。
今庄在来は永平寺在来同様、地産地消の地域で県内でもほとんど出回らない品種なのですが、仲良くしていただいている南越前町の生産者さんが毎年、余剰分を弊社に納めてくださいます。とはいえ、3年前は不作で0袋、2年前は不作ではなかったものの数十袋と、その年の作柄によって入荷数が不安定なのであまり公に出してはおりません。ところが昨年は豊作の年となり、初めてまとまった量を分けてくださいました(それでもこの量ですが)。

今庄在来そば(南越前町産)限定入荷!小粒で濃厚な風味が特徴のプレミアムな玄そばです。
今庄在来の特徴は何といっても粒の小ささ。福井在来の中でも小粒が占める割合は群を抜いていると思います。脱皮しても過半は黒粒のまま出てくるので皮ごと挽ぐるみにするのがお薦めで、だからこそ味わえる在来ソバ本来の濃厚な味わいと香りが楽しめます。

今庄在来そば(南越前町産)限定入荷!小粒で濃厚な風味が特徴のプレミアムな玄そばです。
南越前町産(今庄在来種)は数量限定入荷です。
玄そばをご希望の営業店様はなるべくお早めにお問合せください。
また、そば粉をお求めのお客様はご予約の上、ご来店ください。
※銘柄は【越前】【奥越】の2銘柄のみとさせていただきます。

インターネットからのお取り寄せのお客様もまずはお問合せいただきますようお願いいたします。

いつもありがとうございます。

カテゴリー: 福井県産玄そば、抜き実(丸抜き), 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | 今庄在来そば(南越前町産)限定入荷!小粒で濃厚な風味が特徴のプレミアムな玄そばです。 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(44日目)スイングドア設置、マシンハッチ開口

機械が無いとこんなに広いんだね~とこの1週間、何度感じたことでしょうか。
職人さんも邪魔なものがないので、心なしかお仕事がはかどっているように思います。今日は石臼フロアと原料倉庫&切込み場所を間地切るスイングドアの設置からです。

カガセイフン改修工事(44日目)スイングドア設置、マシンハッチ開口
機械搬出のために壁を壊して間口を広げた時には修復できるんだろうか・・と思っていましたが、新しく骨組みを入れてドアが付いてしまえばそんな心配はどこかへ飛んで行ってしまいました。今までの木の扉からステンレスに変わり、衛生面にも配慮した仕上がりになってより工場らしくなったように思います。
カガセイフン改修工事(44日目)スイングドア設置、マシンハッチ開口
2階、3階では撤去したタンクの穴をふさぐ作業と同時に新しいマシンハッチの開口作業が並行して行われています。前傾姿勢で穴をふさいだり空けたり大変な仕事です。

カガセイフン改修工事(44日目)スイングドア設置、マシンハッチ開口
こういう態勢が一番腰にくるんですよね。しかも寒いからなおさらです。僕も石臼の目立てをするときにはこんな感じだから、つい職人さんの腰を心配してしまいます。

カガセイフン改修工事(44日目)スイングドア設置、マシンハッチ開口
穴埋めとマシンハッチが出来上がれば、いよいよ新しい機械の搬入です。
雪も小康状態になりこれから気温も上がってくるでしょうから、作業も少しずつやりやすくなってくると思います。この週末もワクワクが止まりません♪

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(44日目)スイングドア設置、マシンハッチ開口 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了

約40日に渡り2回に分けて行った既存設備の解体と撤去作業。
最後にこのタンクを撤去して終了しました。

カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了、間仕切り扉設置
長い間、本当にお世話になりました。また形を変えてウチに来てくれたら嬉しい・・。
そんな気持ちで送り出しました。

カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了、間仕切り扉設置
石臼やタンクが所狭しと並んで窮屈だった1階フロア。
カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了、間仕切り扉設置
同じくタンクに占領されてどうしようもなかった2階フロア。

カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了、間仕切り扉設置
3階は集塵機以外はすべて撤去されたので、何もない状態です。

カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了、間仕切り扉設置
さて、来週からは新しいマシンハッチを作ったり、2階石臼を1階に移動するなど、慌ただしい週になりそうです。今までよりコンパクトで効率よく少量多品種製造ができる工場へと最適化を行うための工事。3月頭には新しい機械が搬入されて3月中旬には試験運転ができるそうなのでとても楽しみにしています。

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(39日目)後半解体終了 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(35日目)原料昇降機 解体撤去

昨日までに約半分の原料タンクが取り外され、今日は原料をタンクへ送り込むための昇降機と残りのタンクの解体です。1時間に5t近くの原料を切り込むことができる大型の昇降機ですが、タンクも併せて今の弊社には大きすぎて持て余すので、撤去した後のこのフロアを有効活用することにしました。

カガセイフン改修工事(34日目)昇降機解体、タンク撤去
人がすっぽり入って行き来できるくらい大きなこの昇降機は、半地下から3階まで伸びているので解体も慎重に慎重に進められていきます。

カガセイフン改修工事(34日目)昇降機解体、タンク撤去
「バコッ!」という音とともに1階部分がまず取り外されて、次に半地下に埋まっている部分をリフトで吊し上げていきます。

カガセイフン改修工事(34日目)昇降機解体、タンク撤去
この工場が落成して以来、ずっと地中に埋もれていた昇降機の足元が29年ぶりに光を浴びました。今回、撤去した機械全てに言えることですが、思ったほど経年劣化が見られないところをみると、会長がいかに大切に機械を扱っていたかが分かります。

カガセイフン改修工事(34日目)昇降機解体、タンク撤去
このタンクを残して本日の作業は終了。
明日にはこのフロアは何もない状態になるでしょう。

カガセイフン改修工事(34日目)原料昇降機 解体撤去
解体が始まると早いものですね。数日前に1階から3階まで伸びるタンクと昇降機があったとは思えません。来週からは残りの石臼の移動が始まる予定です。どのように変化していくのか、とても楽しみです。

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(35日目)原料昇降機 解体撤去 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去

やっと路肩に滞る雪が溶けてきたな・・と思っていたら、北陸地方は昨晩からの寒波でまた路上に薄っすらと雪が積もりました。気温も低くとても寒いです。前半の時もそうでしたが、解体が始まるとなぜか雪を呼ぶみたいです笑

カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去
後半の解体で一番の難所は、1階から3階まで縦に繋がるこの原料タンク4本と昇降機の解体&撤去です。当然ながら非常に重く、人力でどうこうできる代物ではありません。重機の取り回しも容易ではない限られたスペースの中でどのように解体して搬出するか、職人たちが開始早々から入念に手順と段取りの擦り合わせをしていました。

カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去
まずは3階の頭部分と1階の足元の取り外しから取り掛かります。

カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去
上からタンクを吊ってから少しずつ下に下ろして、だるま落としの要領で分割して撤去していきます。

カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去
下で受けたタンクは寝かせた状態で搬出していくのですが、これがデカくて重いので、男3,4人がかりで出していきます。

カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去
外ではおなじみの寄生獣キャッチャー(勝手に名付けましたw)が「くぱぁぁぁっ」とお出迎えしていたので今回もドキドキしながら見ていたわけです。
カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去
今日1日でタンク1本半ほど撤去していただいたんですが、作業を間近で見ていて改めて解体の難しさを感じましたし、職人さんの技術はもちろん、状況判断能力の高さと頭の回転の速さ、そして全員一丸となって安全最優先で仕事を行うチームワークは素晴らしいなと思いました。明日は大型昇降機の解体から始まります。

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(34日目)原料タンク解体撤去 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転

今日で工事が始まって丸1か月たちました。
ちょうど1か月前は日本海側に押し寄せる大寒波の影響で災害級の大雪となり、工事が進まないんじゃないかと不安な日々を過ごしていました。道路は除雪が入らず車はあらゆるところでスタックして立往生。来る日も来る日も雪かきに追われていたことは過ぎてしまえば何事もなかったかのように感じます。

さて、本日より解体工事の後半が始まりました。
まずは2階石臼フロアの解体から。

カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転
挽きあがったそば粉を輸送するネオコンや昇降機、シフター、タンク類をバラしていきます。ここの石臼も3月中旬頃に1階石臼フロアに移動され、石臼35台が一堂に会することになります。

カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転
半日がかりで300キロ以上あるシフターが取り外されました。
この機械は一つ前の工場の頃から使用しているもので50年以上お世話になりました。僕が生まれた頃にはバリバリ働いていたわけです。本当に感謝しています。

カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転
次に限られたスペースでも1台でも多く石臼が並んで効率よく製粉できるようにと設置された上部・下部のネオコンを取り外していきます。

カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転
その間に1階石臼フロアでは先に設置された石臼の仮電気配線が完了し、早速、試運転とそば粉の品質チェックしたところひとまず18台の作動・品質はおおむね良好でした。

カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転
それにしてもこの景色・・。個々の石臼は日ごろから見慣れていますが、こうやって1か所に揃うと感慨深いものがあります。

今までカガセイフン(旧末吉製粉)は工場の場所を市内中心部から郊外へと少しずつ移動しながら時代に合ったそば粉づくりを行ってきましたが、石臼を少しずつ増やしていきたくてもスペースの問題でなかなか一部屋に収めることができず、別の空いたスペースに増設を繰り返してきた結果、作業導線が悪くなっていきました。今回の改修工事では機械更新を行う前提のもと、作業導線の整理と福井在来種に特化した少量多品種製造への最適化を行うことが最大の目的です。

近年、他店との差別化をより強くするため、そば店様からのご要望はますます重く細粉化しております。季節の移ろいや限定メニューなどによってそば粉を使い分けたり、作柄によって使用する産地を変えることは当たり前のこと、その間隔もだんだん狭くなってきています。そんな細かいご要望にも柔軟に対応でき、ご注文いただく度に別のご希望があったとしても少量ずつでもご提案できる体制の確立を目指して今回の工事を進めております。

全体の方針としては50年前の弊社に戻ってしまうところもあります。でも、良いところは変わることなく引継いで、変わらないといけないところは柔軟に変えていく。これからの10年20年を見据えた福井在来種専門のそば粉屋として変化の年にしていきます。
どうぞご期待ください♪

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(31日目)2階石臼フロアのシフター・昇降機解体、1階石臼試運転 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(29日目)石臼移動仮設置

改修工事が始まって早くも1か月が経とうとしています。
全体の工程としては2割を過ぎた感じでしょうか。来週からまた解体工事が再開されるのに伴い、今日は新しくなった石臼フロアに一部の石臼が移動されました。

カガセイフン改修工事(29日目)石臼移動仮設置
機械更新のための既存設備解体・撤去&新規設備の搬入作業をしながら並行して製造をしているので、3月いっぱいまでは製造ラインの規模を縮小せざるを得ない状況でお客様にはご迷惑おかけしておりますが、1日も早く100%の体制で対応できるよう職人さんたちも頑張ってくださっています。

カガセイフン改修工事(29日目)石臼移動仮設置
仮配置後の風景。これだけでもかなりテンションが上がるのですが、35台の石臼が一同に並んだら、それはも素晴らしい最高の景色になるんでしょうねー。楽しみでなりません。

カガセイフン改修工事(29日目)石臼移動仮設置
明日も引き続き、石臼や細かい機械類が移動され、週末に仮電気配線が完了すれば来週からここで製造ができるようになるので、スタッフもきっと喜んでくれると思います。

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(29日目)石臼移動仮設置 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(26日目)石臼フロア清掃、防災点検

今日は1階石臼フロアの清掃と消防防災点検が行われました。
普段、平和なこの辺りに突如として消防車が入り込んでくると「何事か!」と思ってしまいます笑

カガセイフン改修工事(22日目)石臼フロア清掃、防災点検
清掃作業員の方たちは早朝から壁・天井・床をきれいにしてくださって、午後から消防の方たちが現場の確認と防災機器のチェックに来られました。

カガセイフン改修工事(22日目)石臼フロア清掃、防災点検
今週後半にはいよいよ一部の石臼がこのフロアに移動され、作業ができるようになります。社員には約1か月の間、限られた狭いスペースでの作業を強いていたので、来週からは広々とした明るい空間でのびのびとお仕事をしてもらえると思います。

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(26日目)石臼フロア清掃、防災点検 はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(22日目)石臼フロア照明取り付け

当地福井は、再び天気が荒れ始めて気温がグッと下がってきました。
手がかじかんで素手では作業しづらい室温の中、昨日いっぱいで内壁と天井貼り、そして排気口などが設置され、今日、照明器具が付きました。

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア照明取り付け
高所に上って細かい電気配線を一つ一つ作業していくのは根気がいる仕事だなと感じつつ、LEDの蛍光灯が取り付けられていきます。そして・・

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア照明取り付け

ピカッ!! めちゃくちゃ明るい!

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア照明取り付け
今までもLED蛍光灯でしたが明るさが段違いです。2倍明るく感じるくらい。
天井下げて、全面を白いボードに張り替えるだけで光が反射してこんなに明るくなるんですね~ 写真では大して明るく感じないかもしれませんが本当に明るいんです。これで石臼のコンディションや挽きあがった粉の質感がより分かりやすくなって作業もしやすくなることでしょう。嬉しくてありがたいことです。

来週前半は作業がなく、後半から一部石臼の移動と残りの解体撤去作業が再開されます。日に日に工場の景色が変わっていくのは寂しい気持ちもありますが、とてもワクワクしています。来週以降の工事も楽しみです。

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(22日目)石臼フロア照明取り付け はコメントを受け付けていません

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア内装(壁・天井)仕上げ

路肩に溜まった雪がようやく溶けるくらいの日が出るようになってきました。
とはいえ、3年前の豪雪の時は2月の初めに1階が埋まる勢いの雪がドカッと降り積もったので、2月も後半にならないと油断はできません。

今日明日は断熱を施した1階石臼フロアの内層(壁・天井)仕上げになります。朝から内装屋さんが入れ替わりで資材を搬入してくださっているのですが、大きな資材を人力で運び入れる作業を見ていて、自分たちがそば屋さんにそば粉を納品する仕事に近いというか、それに通ずるところがあるなぁ・・なんて勝手に感じていました(笑)

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア内装(壁・天井)仕上げ
サイズごとに細かく裁断され、電気配線口の小さな穴も機械で切ったような見事な仕上がり。さすがプロですね、今日も職人の仕事が垣間見れてゾクゾクします。

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア内装(壁・天井)仕上げ
隙間なくきれいに張り付けられていく板は、丈夫で汚れが付きにくい素材にしていただきました。蛍光灯の数は今までと同じ本数ですが、壁や天井が白色なので光もいい具合に反射して今までより明るく感じると思います。

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア内装(壁・天井)仕上げ
1面また1面と数人がかりで丁寧に内装を仕上げていくんですが、まるでパズルをしているかのように寸分違わずピタッとハマっていく感じが実に気持ちいです。

カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア内装(壁・天井)仕上げ
測って切って貼って、測って切って貼っての繰り返しで、これも形は違えど自分たちの仕事と何ら変わりない作業だと思います。経験の浅い新人さんや興味のない人は退屈するんでしょうけど、全く同じように見える仕事は職人が微妙な違いを感じ取って適宜対応しているから同じように見えるのであって、そこにはプロの経験と勘が十分に生かされていると感じます。

あぁ~職人っていいなぁ・・

カテゴリー: カガセイフン改修工事, 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | カガセイフン改修工事(18日目)石臼フロア内装(壁・天井)仕上げ はコメントを受け付けていません