本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。

僕は「渋谷」というとガレットの激戦区で技術的にも品質的にも非常に高いイメージがあります。どのお店も基本を大切にしながらもお店ごとに独創的なガレットを作り出しているように感じるからです。このお店もその一つ↓

"本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIO</p

新宿から小田急線で2駅進んだ「参宮橋駅」から徒歩1分のところにあるメエボニータ (meeBonita)さん。

世界をめぐり、料理やワイン、ガレットを都内、数か所で修行してきたという明るい女性店主からはエネルギーが溢れていて、同じ空間にいるだけで元気が出てきます。フランスにも行かれたことがあるそうで、本場の雰囲気が感じられるガレットメニューが並びます。

本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。
カウンター越しに目につくこのガレットパンは、日本では正規取り扱いのないガスを熱源にしたフランス製。400℃を超える温度にまで鉄板を熱することができ、高温度帯で一気に焼き上げることによって本場ブルターニュのサクッとした歯触りとパリッとした触感を楽しむガレットを焼くことができる優れもの。鉄板なんて誰も気にも留めないでしょうけど、こういう特殊な道具がポンっと置いてあることに店主のガレットに対する強いこだわりを感じます。

本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。
お願いしたのは、Herborie(1,600円)というスモークサーモンとサワークリームのガレット。3日寝かせて仕上げるという生の生地はしっかり熟成していて、鉄板に生地を落とした時のジュワワワワ~という高い音や湯気とともに立ち上る香ばしくも酸味のある香りは僕がブルターニュへ行ったときに見聞きしてきたものにとてもよく似ていて、日本でこの音や香りを楽しめるとは思っていなかったので、嬉しくなって一人でニヤニヤしていました。

本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。
焼き上がりも見事!
茶色のガレットにたっぷりのフレッシュハーブ(ディル、ミント他)のコントラストが映えて、さわやかな香りがとても清々しい。ガレットでさわやかな気持ちになったのは初めてかも笑

本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。
熟成発酵が進んだ生地は発色も十分で、ブツブツと浮かぶ粗粒はいかにもブルターニュ!といった感じがします(実際は写真よりも生地の色が濃いです)。この粗粒が浮かぶ生地がブルターニュのいわゆる田舎ガレットの大きな特徴で、日本そばの粗挽きそばと同じような感じなんですが、素朴で香りが強くて味わい深いので生地だけでも美味しい♫

ハーブやサーモン、サワークリームなど水気を含む食材がたっぷりと包まれているのに最後までサクサク感が楽しめるのは、高温で焼き上げるのはもちろんですが、やっぱりクレーピエの技術が素晴らしいんだと思います。

本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。
中華料理では「甘・辛・酸」のバランスが大事だと言いますが、このガレットを同じように例えるなら、「甘・酸・香」でしょうか。ハーブやサーモン・チーズの甘味と香り、サワークリームと生地の酸味と香ばしさが3味一体となって、味のバランスがとてもいいです。

お昼過ぎに入ったにも関わらず、入れ違い立ち代わりでお客様が来店され、お客様同士がとても仲がいい。お店で知り合って仲良くなれる雰囲気は酒飲み&美味しいもの好きにはたまりません♫

次、伺うときにはおススメのBIOワインなどいただきながら、おしゃべりしたいなーと思わせてくれる楽しいお店でした。

[メエボニータ (meeBonita)]
住所:東京都渋谷区代々木4-1-5 参宮橋駅前ビル 3F
電話:050-6871-5970
営業時間 14:00~23:00
定休日:月曜日

カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理 | タグ: | 本場ブルターニュのような粗挽きガレットとBIOワインが楽しめる、メエボニータ(meeBonita)渋谷/参宮橋。 はコメントを受け付けていません。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)。

福井県が誇る「福井在来種そば」を全国に広くPRしよう!という趣旨のもと、福井県(行政)をはじめ、福井県内そば店や我々、地元製粉業者が東京に会し、『第2回 ふくいのそばを食する会』が今年も盛大に開催されました。

会場は昨年に引き続き、神楽坂にあります九頭龍蕎麦。福井の食材をふんだんに使ったお蕎麦や福井出身のオーナー自ら買い付けた希少な地酒がそろい、冬季は季節限定のせいこ蟹なども味わえます。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)
会場には雑誌社、フードライター、農業関係者、そば関係者、料理研究家などなど、多方面からたくさんのご参加をいただきました。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)

ここで福井のそばが全国に誇れるものであり、素晴らしいと感じる理由をご紹介したいと思います。

・県全域で在来種のみを栽培していること(一部を除いて他品種の栽培は行っていない)
・生産者の意識が高いこと(在来種を栽培する独自のノウハウを持っている)
・昼夜の寒暖差によって小粒ながら味の濃いソバが育つこと
・県内製粉業者すべてが石臼製粉のみ行っていること(機械製粉はしていない)
・福井県の気候がソバの加工に適していること(気温が低く多湿なので加工による品質低下や乾燥が起こりにくい)

また、福井県内にあるそば店が美味しい理由としては、
・製粉所が近くに存在するので、上記の玄そばや挽きたてのそば粉が手に入りやすいこと
・白山水系のミネラル豊富な地下水でそばを打ち、茹で、出汁を引くこと

それからソバ振興に関しては他県ではなかなか実現が難しいと言われるのが、行政、生産者、そば店、製麺所、製粉所などの横の連携ができているということが福井の最大の強みなのかなと思っています。
生産者はいいソバを作って、そば粉屋は石臼で挽いて、そば店はおいしい蕎麦を提供して、ソバが不作だったり病気が出た時は行政の保証や講習会が開かれる・・というのは他でも普通というか一般的な流れだと思いますが、福井では横のつながり同士がそれぞれ意見交換したり、勉強したり、時には協力し合ったり、叱咤激励したりと美味しい蕎麦を作るために業界を超えて積極的な交流が行われています。

そんな福井で育った在来種のお蕎麦が2品でました。
まず、山間部の大野市で栽培された「大野在来種」を石臼で細かく挽いて細打ちにしたせいろ蕎麦。これは辛汁で味わっていただきました。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)
在来特有の香ばしくも華やかな香りと後から追いかけてくる甘味・・そして香りの余韻。
出汁が無くても最後まで美味しく食べられるくらい味が濃いのが在来種と特徴。まだ福井のお蕎麦を食べたことがない方にこそ、この味わいを体験していただきたいです。

次に同じ大野在来を粗挽きにして、太打ちにしたお蕎麦。
これは福井スタイルのおろしそばにして味わっていただきました。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)
原料は同じでも挽き方が変わるだけで蕎麦の性格ががらりと変わり、ガツン!と蕎麦が感じられる野趣あふれる味わい。大根おろしの辛味や香りに負けないソバの風味と噛むほどに出てくるソバの甘みがたまりません。

最後に蕎麦がゆです。
茹でたそばの実にカツオを効かせた出汁をはったシンプルなもの。添えられた薬味は、上から時計回りに福井梅のたたき、越前海岸の海苔、勝山水菜のおひたし、そばあられ、だし昆布の佃煮、本生わさび、小鯛の造り(中央)。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)
箸休めにはそば粉を使ったスロベニアの郷土料理が出されました。
スロベニアは日本ではあまり知られていませんが、実は一大そば産地でそば食文化の根強い国なんです。主に栽培するのは日本では主にそば茶に使用されている韃靼そば(苦そば)で、有機・無農薬栽培が中心だそうです。このお料理は初めて食べましたが、キッシュのようで固めのそばがきのような食感で美味しかったです。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)
各テーブルには私ども製粉業者やそば店主など、いわゆる福井出身の専門家が一人ずつ着き、福井県産そばの認知度と理解度を高めていただけるよう努めさせていただきましたが、気づけば会場中が食事の合間合間に他のテーブルへ移動され、福井のそばを中心とした交流や情報交換をしていただいていたようで、とても有意義で大変勉強になりました。

福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)

お昼時の短い時間ではございましたが、昨年に引き続いて色々な方々とのご縁をいただいて、東京では福井のそばがどのような認識を持たれているのか深く知ることができたことで、今後の課題や対策を考えるきっかけになったことは大きな収穫です。この経験を大切にして、福井の在来そばをさらに盛り上げていきたいと思います。

この度のふくいのそばを食する会にご参加いただきましたゲストの方々をはじめ、ご協力いただきましたすべての関係方々に心より御礼申し上げます。

ありがとうございます。

また、今回の内容を以下のようにご紹介していただいております。

■日刊ゲンダイDIGITAL版(2020/02/16)
県をあげて在来種を守る 福井県はそば打ち愛好家の“聖地”

■農業協同組合新聞【電子版】(2020/02/13)
在来種の美味しさをアピール 福井のそば、東京で「食する会」

■食育スペシャリスト中村詩織(2020/02/13)
【ふくいそばを食す会】

■昨年(2019年)の記事はこちら↓
福井在来種の蕎麦を楽しむ「ふくいのそばを食す会」が東京・神楽坂の九頭龍蕎麦にて開かれました。

カテゴリー: 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | 福井在来種そばを楽しむ、第2回ふくいのそばを食する会@九頭龍蕎麦(神楽坂)。 はコメントを受け付けていません。

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。

初めてやってきたんですけど平日朝の隅田川っていい感じですね。
公園で子供を遊ばせるお母さんやランニングする人たち、散歩する老夫婦など、まさに下町の生活が感じられるというか「しみじみいいなぁ・・」と思わせてくれます。

そんな隅田川公園沿い目に入るお店がCACOM(カコム)さん。
一見、小ぢんまりしていますが、お酒によく合う一品料理からパスタ、ガレットまでいろいろなお料理が楽しめるそうです。

お店に入ったらすでに6割ほど着席していて、空いている内の一つは「予約席」。僕が座ったら残り2席という人気ぶり。しかもみんな女性でまさに女子会真っ最中!男一人でいる僕が恥ずかしくなりましたが、考えてみれば確かに場所柄、一息つきたいママたちの憩いの場になりそうな感じです。

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。
店内は狭すぎず広すぎずスタッフとの距離も近くて、ちょっとごちゃごちゃした風にも見えますが、それが逆にお店の雰囲気を作っている感じがして温もりがあります。適度に光も入るので明るくて居心地がいいのも女性たちが集まる魅力なのかもしれません。

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。
すごい美味しそうな自家製ソーセージや隣のママさんたちが食べているパスタもとてもいい香りが漂ってきて気持ちが動いてしまいそうだったんですけど、今回はガレットをいただきに来たのでガレットメニューだけをチェック!

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。
ガレットがメインではないカフェやレストランでは定番のコンプレットだけを用意するところが一般的ですが、カコムさんではその他にキノコを加えたシャンピニオン、ミートソース、4種のチーズを使ったクアトロフォルマッジの計4種類から気分に合わせて選べるのが嬉しいですね。

しかもランチタイムはサラダとドリンクが付いたランチガレット(850円)が用意されていてますます嬉しい。※ランチガレットはコンプレットのみ

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。
レタス、水菜、紅心大根、ニンジン、インゲンなどが入ったサラダをいただきながらガレットが焼きあがるの待ちます。行き交う人や車の流れ、空の青さやお日様の光を感じながら食べるランチはそれだけで贅沢な気持ちになります。

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。
さて、お待ちかねのガレット(コンプレット)です。
卵は黄身をつぶして全体に広げ、うっすら焼きいれたハムと飴色になるまで火を通した玉ねぎが忍ばせてあります。

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。
ガレットというとパリパリサクサク系が多いと思いますが、カコムさんのガレットはふわっふわのモチモチ触感♫ 中途半端にモチモチでサクッとしていたりすると生焼けのような触感になって歯ぬかりするんですが、ここまでふわふわでサクッとした要素が無いガレットはむしろ新しいというか初めての体験で、この触感にはやられましたね。フランスパリやブルターニュの方たちの舌には合わないかもしれません笑

浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。

卵と玉ねぎのトロミと甘み、ハムとチーズの香りと塩気がふわふわのガレット生地ととてもよく合っていてアッという間に食べ終えてしまいましたが、同時にこの生地で食べる他のメニューはどんな感じなのか、すごく興味がわきました。

今や専門店をはじめガレットを出すお店は数ありますが、こんなガレットもありだな、いいなぁと久しぶりに思いました。

ごちそうさまでした。

[Dining Cafe CACOM(カコム)]
住所:東京都台東区花川戸2丁目15-6
電話:03-5830-3559
営業時間 11:30~22:00
定休日:水曜日

カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理 | タグ: | 浅草隅田川沿いのcacom(カコム)は、女性一人でもふわふわモチモチガレットが楽しめる。 はコメントを受け付けていません。

鳥類の飼料・エサ用の玄そば(そばの実)を選ぶポイントをご紹介します。

最近、ペットで飼われている鳥やハムスターなどの飼料として「ソバ」を与えている方からのお問い合わせをいただきます。今までペットのエサに「ソバ」が選択肢としてあることを知りませんでしたし考えもしなかったので意外でしたが、ネット検索してみたら飼料メーカーからいろいろな玄そばが販売されているのを見てとても驚きました。

一部の動物だけかもしれませんが、ソバってペットの飼料(エサ)として普通に認知されているんですね!僕は小さい頃にうさぎやにわとりが家にいたことは覚えていますが、それ以来、ペットを飼った事がないので、ペットのエサ=ドックフードのイメージしかありません。でも調べていくと中型・大型のインコ類、文鳥・フィンチ類、オカメインコ、にわとり、ハト、オウムなどの鳥類、リス、ハムスターなどなど、結構、いろんな動物にソバを与えているんですね。

そういえばウチにもこぼれ落ちたソバ粒を食べにしょっちゅうすずめとかカラス、ハト、ネズミがやってくるので、鳥類全般や雑食の小動物はほぼいけるのかも(笑) そういえば人間にはソバアレルギーとかありますが、動物にはそういったものはないんでしょうかね。

ご存知の方もいるかと思いますが、ソバは穀物の中でも栄養価が高く必須アミノ酸のバランスがよいタンパク質や、リン、カリウムなどのミネラルの他、ポリフェノールの一種である「ルチン」が含まれています。人体に対しては抗酸化作用、成人病、糖尿病の方に効果があると言われており、消化が早く吸収されにくい難消化性デンプン(レジスタントプロテイン)にあたるタデ科の穀物というのも大きな特徴です。

これらの栄養成分が動物にどのような作用や効果をもたらすのかについては分かりませんが、一通り飼料用として販売されているサイトを見ていて、ソバの専門家として気づいたことと大切なペットに与える玄そばを選ぶポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

鳥類の飼料・エサ用の玄そば(そばの実)を選ぶポイントをご紹介します。

①安価な外国産ソバはお薦めしたくない
外国産そばの良さはズバリ価格が安いこと。良くないことは日本に輸送する際に虫がついたり中から虫が発生するのを抑制するために、栽培する際に農薬が使われていたり、現地から日本へ輸送する際に薬で燻蒸する場合があるので、大切なペットの健康に影響がでるかもしれないことです。

また、外国産・国産ともに日本ではそのほとんどが生そばで消費されるので、そばの香りをなるべく残すために玄そばの含水率を15%前後に調整します。ここで問題なのが含水率が高いと品質管理が大切になってくるという点です。

そもそも含水率が10%以上あるソバの実は低温低湿倉庫や風通しの良い冷暗所などで保管しないとカビが発生することがあるため、常温保管する場合は防かび剤を使用することがあります。使用量は人体に害を及ぼさない程度の量になってきているので、そこまで神経質にならなくてもいいのかもしれませんが、動物とはいえ大切な家族の口に入るものですからあまり気持ちのいいものではありません。薬品は主に黒い皮の表面に付着しているので、皮をむいたソバの実(抜き実、丸抜き):お米で例えると白米の状態でしたらいいと思いますが、外国産は産地までは分かってもどのように栽培されたかまでは見えないので、いづれにしても玄そばではあまりお薦めはしたくはないです。

②玄そばの鮮度と管理について
ソバに限らず食材を「飼料」と捉えてしまうとペットを飼った経験がない僕なんかは原料自体の品質はもちろん取り扱いの意識が一気に下がるというか、できれば国産の方が良いけど外国産で安いものがあればそれでいいし、品質なんて保存状態がどうかなんて気にしないと思います。人間の食用には向かない2級品以下のものを与えればいいみたいに思ってしまいがちですが、実は①と同じようにエサの鮮度や保存管理も重要なんですよ。

穀物は収穫して乾燥されても呼吸をしているので、袋詰めされた状態でも外気や室温の影響を受けて含水率が変わります。劣化すると赤茶っぽく変色したり酸っぱいような臭いがすることもあります。ですので、長期保存するなら一年中、低温・低湿の温湿度帯で外気に触れないよう密封された状態で保管するのが理想的です。しかし、ペットショップなど行きますと、箱や袋に入っているとはいえ、温度管理されていない場所に他の商品と一緒に陳列されていたりするので、もし店頭でお買い求めになるのでしたらなるべく製造日に近いものを選んで、早く消化するか、開封後は冷蔵庫などで保管するといいです。

③ペットの食べやすい大きさのソバを選ぶ
私どもは福井県福井市にあるそば粉の製粉メーカーです。使用する原料は玄そばのみです。そのため、毎年、福井県内はもちろん、全国からさまざまな産地や品種の玄そばを取り寄せます。当然、その年の作柄や収穫量によって品質や価格が変わるのですが、実はソバ粒の大きさも産地や品種によって異なります。

例えば福井県内全域で栽培されている「福井在来種」という品種ですが、これは福井の土地で昔から作り続けられているもので、粒が小さく味や香りが強い反面、雨風に弱く収穫量が安定しないという欠点があります。一方、北海道や長野県などで多く栽培されている「キタワセ」という品種。こちらは改良品種で雨風に耐性があり粒が大きいので、天候に恵まれない年でも一定量の収穫量があります。ただ、在来種に比べると大味でさっぱりしています。

動物は産地や品種で好みが分かれるなんてことは多分ないと思いますが、一つ感じるのはソバ粒の大きさによっては食べやすい食べづらいがあるのではないかということです。在来種の場合は小粒で2~4mmくらいなので、ハムスターやインコなど比較的小型の動物が食べやすいでしょうし、改良品種は3~6mm以上あることもあるので、にわとりやハト、オウムなどの中大型の動物に適しているのかなと思います。

④鳥類の飼料・エサ用の玄そば(そばの実)を選ぶための専門家からのアドバイス
動物も人間同様に味の良し悪しが分かります。エサも買ったお店によって食いつきが変わるということはよくあります。ソバを飼料としてお考えの方は、いきなりすべてを切り替えるのではなく、サプリや補助食品として少しずつ慣らすように与えながら状況を見ながら量を増やしていくことをお薦めします。

ただ、鳥の種類や好み、相性にもよりますし、大型犬と小型犬では食べるエサも与えていいエサも違うのと同じで一概にどんな鳥にもいいですよ!とは言い難いです。また、そばの実は小型の鳥に与えるには大きいので、中〜大型のインコ向けなのではないでしょうか。大型のインコだと1センチくらいの実を食べていたりしますが、文鳥や十姉妹などは1〜2mm以下でないと食べられないのでソバを与えるのはあまり聞いたことがないのですが、粉末(そば粉)を合成飼料に混ぜているパターンはありそうです。

鳥や動物もソバの味が分かるようです。
ご希望の方には少量でもご用意いたしますので、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ

カテゴリー: 粉奈屋六代目の足あと | タグ: | 鳥類の飼料・エサ用の玄そば(そばの実)を選ぶポイントをご紹介します。 はコメントを受け付けていません。

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。

金沢市南町にオープンした、カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)
有名なパティシエ 辻口博啓氏が手がけるカフェで、こちらでは手巻きスタイルのガレットが目玉の一つとなっています。

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。
ホテルやビジネスビルが立ち並ぶ金沢市の中心地、香林坊の百万石通り沿いにパッと目につくモダンな外観。

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。
店内はシックで清潔感があり、迫力のあるオープンキッチンがいいですね♪
テーブルにはコンセントも用意してあり、少人数でのお喋りや軽い打ち合わせ、ノマドにも活用できそうです。

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。
ガレット以外にもチーズケーキやロールケーキ、プリンなど、定番商品が並びます。

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。

RIZ GALETTE(リ・ガレット)と名付けられたガレットは、米粉がブレンドされているそうです。

▼ソーセージのガレット

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。
▼生ハム入りガレット

金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。
米粉が入っているせいか、とても優しい口当たりでクレープとガレットのいいとこ取りな生地に仕上がっています。野菜もたっぷりでドレッシングがすごく美味しい。
ナイフとフォークで食べるガレットだと、切って口に入れていく内にだんだん疲れてしまうことがありますけど、手巻きスタイルだとスルスルと口に入っていくので、一人で2枚くらいサラッと食べられるんじゃないでしょうか。

金沢散歩の合間に小腹を満たすガレットがあるっていうのは良いですね~。
ぜひ味わってみてください。

[カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)]
住所:金沢市南町6-12 国際ビジネス学院ビル1F
電話:076-234-3773
営業時間 10:00~19:00(18:30 L.O.)
定休日:不定休

カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理 | タグ: | 金沢市カフェ ドゥ アッシュ(CAFĒ DE H)では、手巻きスタイルの米粉入りガレットが楽しめる。 はコメントを受け付けていません。

郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした中太の手打ち蕎麦が美味い。

岐阜県郡上市の名代手打ちそば処 そば八さんに行ってきました。

こちらのお店は長良川と並行に走る156号線沿いにあり、ワインディングロードが長く続き途中途中で温泉施設も点在するので、とにかくツーリングを楽しむ東海や北陸ナンバーのバイクや車が行き交っています。

今回は紅葉の季節に行ったので、それはもう大変な交通量で皆さん気持ちよさそうに景色を楽しみながら颯爽と走りを楽しんでいるようでした。春先や晩夏など、季節の節目節目には交通量が増えるんでしょうね。

お昼を外してきたのですが、次から次へと県外ナンバーの車やバイクが入ってきます。

郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。

風格のある店構え。
風車が回っていて、いかにも美味しいそうなお蕎麦屋さんです。右手には石臼が回っていて外から製粉の様子も見ることができます。

郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。
暖簾をくぐるってまず目に入るのがそば打ちの様子。
普通の方にはきっと分からないと思いますが、自家製粉で手打ちだから出汁や揚げ物、店内の香りに混じって弊社と同じそばを挽いている時の何ともいえない香りが混じっていて脳内から癒されます。

そば八さんでは国産そばのみを厳選して使用しているとのこと。

郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。
お店は縦に広く席数もかなりあるので、次から次へとやってくるお客様の回転がいいし、圧迫感がありません。ゆっくりと食事ができます。

郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。
メニューはシンプルながら定番がしっかりと揃っていて、どんなお客さんがきても一通り満足できるラインナップになっているんじゃないでしょうか。味噌煮込みうどんや朴葉味噌定食があるところが岐阜らしいですね♪

郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。
▼自家製粉石臼挽き 手打ちざるそば(950円)
郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。
細うどんの切り幅に近い中太のやや色濃いお蕎麦は、その太さゆえズルズルっとすすり上げるにはちょっと苦労しますが、麺を噛むとムチッとした食感が小気味よく、噛むほどにソバの甘みがじわりと感じられます。蕎麦の香りと甘みを最後まで楽しみたいので、このお蕎麦だったら海苔は不要かなと思いましたが、これは個人的なことなので(笑)

▼鴨南蛮そば(1,300円)
郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした手打ち蕎麦が美味い。
秋は鴨が美味しいですよね。
鴨南蛮そばがメニューにあると他の蕎麦が見えなくなります。

肉厚の鴨肉がごろごろと入っていて食べごたえ十分だし、蕎麦がしっかりしているから多少時間が経ってものびることなく最後まで美味しくいただけます。蕎麦と肉汁で濁った出汁にそば湯を加えて飲むとたまりません。お腹いっぱいでも最後まで飲み干さないともったいないくらい。

岐阜の観光地というと高山が有名ですが、僕は郡上が大好きで無形文化財となっている「郡上おどり」は20代の頃よく行きました。福井市から車で2時間少々で行けるという手軽さもあって、ドライブしながら日帰り旅行するにはいい所です。ランチにお蕎麦食べて、郡上の街並みを散策して、温泉に入って、お土産に地酒でも買って帰る。季節の変わり目になると行きたくなる場所ですね。

[郡上八幡 そば八 名代手打ちそば処]
住所:岐阜県郡上市八幡町稲成543-1
電話:(0575)65-2217
営業時間 11:00~20:00
定休日:不定休

カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き | タグ: | 郡上八幡そば八(岐阜県郡上市)は、国産玄そばを自家製粉石臼挽きした中太の手打ち蕎麦が美味い。 はコメントを受け付けていません。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。

初めての熊本にやってきました。
地方に行ったらその地域の蕎麦が食べたくなるのは職業病なんでしょうか(笑)
熊本駅ってくまもんの柔らかいイメージとは違って、シックで落ち着いた黒のデザインがめちゃくちゃカッコイイ!福井駅周辺は恐竜づいているので、ある意味、特徴的なのかもしれませんが、こういう駅好きだなぁ・・。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。
駅から路面電車に乗り換えて「辛島町」で下車。
市内中心部のアーケードを歩いて着いたのは、CHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)さん。繁華街の裏路地にある静かな場所です。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。
店内は赤を基調としたオシャレな空間。
シャンデリアや壁の装飾品、アンティークの家具など、外国のレストランにいるような雰囲気です。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。
ココでの目的は、昼からワインを飲むこと・・もとい、ガレットを楽しむことです!

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。
まずはオードブル盛り合わせ。
一つ一つのお料理に丁寧な仕事がなされていて、甘・辛・酸と塩の使い方が絶妙です。全部食べてもお酒は進むのに喉が乾かないのは味付けが適正ってことなんでしょうね。ワインが進んで仕方ないです。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。
お待ちかねのガレットコンプレットは、チーズ、サラミ、たまご、アンチョビ、玉ねぎジャムのトッピング。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。
生地の表面はサクッとしているけど中はしっとりで、焼き目の強いところは香ばしく、弱いところはモチモチ食感の対比も楽しい。一つ一つの具材の味がしっかりしているので、食べる場所によって味わいが変わるのがまたいいですね。

熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。

サービスは柔らかくて暖かいし、この雰囲気でこのお料理が食べられる熊本県民の方々が本当に羨ましいです。近くにあったら確実に通っていますねww

[CHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)]
住所:熊本県熊本市中央区下通2丁目5番10号 シャワーサイドテラス1階
電話:096-355-3157
営業時間 12:00~23:00 (料理L.O. 22:22 ドリンクL.O. 22:00)
定休日:月曜日
アクセス:シャワー通り/ポールスミスを曲がる・シャワーサイドテラス1階/サクラマチから徒歩10分

カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理, 蕎麦・うどんの食べ歩き | タグ: | 熊本市のCHOCOLATCafe Bistrot (ショコラカフェ ビストロ)では、サクッふわっガレットが楽しめる。 はコメントを受け付けていません。

まるさん屋(敦賀駅前)辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる、大野産の十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!

敦賀駅から徒歩3分ほどの駅から見えるところに一際目立つお店が地魚料理まるさん屋さんです。
1階は敦賀湾の幸や加工品をお手頃価格で手に入れることができ、向かって右手の暖簾がかかっているところから入っていく2階は地魚料理が味わえるレストランになっています。週末ともなればたくさんのお客さんで賑わっている人気のお店です。

敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!
お店についたのが14時を過ぎていて入り口は閑散としていたので、ゆっくり食事ができそうだ・・なんて思っていたらびっくり!ほぼ満席でした。敦賀は関西方面からのアクセスがとてもいいので、ほとんどが関西からの観光客。みなさんカニや焼き鯖、刺身など、想い想いの海の幸を楽しんでいるようでした。

敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!
僕はここに来たら「喜辛(きしん)そば」を食べる!って決めてるんですが、この時期、無類の牡蠣好きには外せない酢ガキも注文♪ 大人でも3口分は余裕であるサイズの牡蠣は貝柱がホタテくらい大きくて噛み応えがあって甘みがあってトロトロで・・・もうたまんない!サイコーっ

敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!
牡蠣のあまりの美味しさに一人でうっとりしていると、目を覚ませ!とばかりにお蕎麦がやってきました。

▼喜辛そば 700円(税別) ※写真は大盛りです

敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!
喜辛(きしん)そばは、辛味大根のしぼり汁に好みで出汁の効いたかえし醤油をいれて食べるスタイル。かえし醤油は甘めで丸みがあるので、加える量を多くするほど大根の辛味がおさまります。僕は大根が勝っている方が好きなのでかえし醤油は控えめに10プッシュくらいにしていますが、15プッシュくらいがちょうどいい塩梅だと思います。辛いのがあまりお好きじゃない方は思い切って20プッシュ以上加えていただくといいでしょうね。

敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!

福井県の山間部である奥越地方の大野市産玄そばを石臼で丸ごと挽きぐるみにした細打ち十割の田舎そばは、表面がつるつると滑らかで全粒粉にありがちなザラザラ感がありません。噛むほどに蕎麦の甘みが広がって、後から香ばしい香りが鼻から抜けていきます。

敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!

■個人的に好きな食べ方

  1. まずは、蕎麦をそのまま食べて香りと味、そばの甘みを楽しむ
  2. かえし醤油を入れずに辛味大根100%の汁にちょっとつけて食べる
  3. かえし醤油を10プッシュくらい入れて食べる
  4. 好みの味になるよう、かえし醤油を足して味の変化を楽しむ
  5. 蕎麦を食べ終えたら、出汁にそば湯を入れてホッとする

    ネギとかつお節が薬味として出てきますが、僕はこの喜辛そばには使わないので、箸休めとしてそのまま食べます(笑)

    敦賀駅前まるさん屋の辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い!

    ちなみにまるさん屋さんのお蕎麦は細くて長~いですww
    多分、他のお蕎麦屋さんと比べても1.2倍以上長いです。なので、蕎麦を手繰って汁につけようとするときにちょっと苦労すると思いますが、「細く長く健康に!」という縁起を担ぐと思って美味しく食べましょう!
    魚がメインのお店なので、敦賀湾の美味しい魚介類を思いっきり楽しんでくだい。そして食事の〆に「喜辛そば」はおすすめです。食べ終わると大根のさっぱりした辛さのおかげでお腹いっぱいでも胃がとてもスッキリしていると思います。

    年に最低1回は食べないと気が済まない喜辛(きしん)そば。
    この美味しさをたくさんの人に体験してほしいなと勝手に思っています(笑)

    ごちそうさまでした。

    [地魚料理まるさん屋]
    住所:福井県敦賀市白銀町6-41 2F
    電話:0770-22-4528
    営業時間 11:00~23:30
    定休日:不定休

    [まるさん屋(福井片町)]
    住所:福井県福井市順化2丁目19-19
    電話:0776-43-0991
    営業時間 16:00~0:00
    定休日:不定休

カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き | タグ: | まるさん屋(敦賀駅前)辛味大根の絞り汁とかえし醤油で食べる、大野産の十割蕎麦「喜辛(きしん)そば」が美味い! はコメントを受け付けていません。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。

北九州小倉駅から日豊線に乗り換えて、朽網駅から車で5分ほどのところにある「そばさろん 一季(ひととき)」さんへ行ってきました。
こちらのご主人である丸山さんと初めてお会いしたのは3年ほど前だったように記憶しております。毎年11月に福井で行われる全日本素人そば打ち名人大会に丸山さんの教え子が出場されていて、その応援のために来福されていらっしゃった時にお声がけいただきました。それ以来、一度お店にお伺いしたいと思っていたので、今回ようやくその念願が叶いました。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
流木で「一季」と打たれた外観と右手にある水車がとても風情を感じます。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
お昼を外して入店しましたが、お蕎麦を待っている2組のお客様がいるところを見ると、昼時にお客さんが一気に集中するのではなくて、あえて時間をズラしてゆっくりお蕎麦を楽しまれる方が多いんじゃないでしょうか。店内にはとてもゆるい空気が流れています。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
そば打ち場には自家製粉用の石臼、年季の入った麺棒やそば切り包丁、メッシュの異なる篩など、木を基調とした室内によく映えます。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
蕎麦前メニューが豊富で地酒も取り揃えてあります。お蕎麦はシンプルに楽しめるものから種物まであり、すべてつなぎを使用しないそば粉100%の十割蕎麦。中盛りや大盛りといった蕎麦好きには嬉しいサービスの他に粗挽きの田舎そばも選べるという嬉しさ!

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
今、使用している蕎麦の産地は控えめに紹介されているのもいいですね。恥ずかしながら「さちいずみ」というソバの品種があることを今回初めて知ったのですが、これだけでも収穫です。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
▼出汁巻き卵と鴨焼き

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
地元の高級卵を使っているという出汁巻きは、お出汁と塩分が控えめだから卵の甘みと旨みがストレートに味わえます。肉厚の鴨焼きも味付けは控えめ。鴨の臭みが一切無くて血の味わいが濃いから塩分は必要最小限。食材に自信があるからこその味の付け方はさすがです。また付け合せのきゅうりとかパプリカがいい仕事をしてるんです♪

▼ざるそば(800円)
そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
十割だから蕎麦の風味が濃いし、何もつけなくても美味しい。
わさびを添えればお酒のおつまみになるし、塩で手繰れば蕎麦の味がよく分かる。ソバを石臼でじっくり挽きこんでいるから、十割でもこれだけ喉越し良く仕上げられるんですよね。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
▼モリモリの野菜天ぷら
オクラ、茄子、レンコン、かぼちゃ、玉ねぎ、エリンギ 他

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
▼田舎そば(800円)

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
舌の上で粗挽きのツブツブを感じるお蕎麦は、1枚目よりもずっと甘み香り共に強いので、食べ比べるんでしたら田舎そばは後にされるといいでしょう。

そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。
お酒は飲まなかったのですが居心地があまりにいいので、つい長居してしまいました。次回は地酒も一緒に味わいたいですね。お近くの方が本当に羨ましいです。

ごちそうさまでした。

[そばさろん 一季(ひととき)]
住所:福岡県北九州市小倉南区朽網東4丁目13-10
電話:093-472-3626
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00
定休日:日曜日、月曜日

カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き | タグ: | そばさろん一季(ひととき)[朽網]では、北九州産の玄ソバを自家製粉した十割蕎麦2種とそば前が楽しめる。 はコメントを受け付けていません。

愛知県新城市にあるそば処やまびこ(山びこの丘内)は、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。

奥三河の入口という新城市の山びこの丘さんにやってきました。
こちらでは、キャンプ、BBQ、食事、宿泊ができ、テニスコート、武道館、グラウンドも備えウォーキングやトレッキングなども楽しめる多目的な体験施設となっています。また、体験教室として、そば打ち、陶芸、絵付け、野菜収穫、機織り、木工、手芸、川魚のつかみ取り、座禅などの他、今は利用不可みたいですが国体で活躍したボルダリングの設備も建っていてとにかくすごい施設。

多目的な体験施設を備える山びこの丘(愛知県新城市)では、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。
奥三河をドライブしたり、バイクや自転車でツーリングしているライダーが休憩するスポットとしても認知されており、シーズンになると多くのお客さんで賑わうそうです。そんな山びこの丘さんの中に手打ちそばが食べられる「そば処やまびこ」があります。スタッフとして長年、勤める地元のお母さんたちが毎朝、手打ちする蕎麦が美味しいと評判で、驚くべきはスタッフ全員が手打ちで蕎麦が打てるんだそうです。

▼山菜天ぷらとお蕎麦のセット多目的な体験施設を備える山びこの丘(愛知県新城市)では、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。
一見、どこでも食べられそうですが、こういうシンプルで滋味深いお蕎麦って現地まで行かないとなかなか味わえないんですよね。やや平打ちで海苔に負けないソバの香ばしい香りが鼻に届きます。

多目的な体験施設を備える山びこの丘(愛知県新城市)では、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。

最近、細打ちの田舎そばも良く見かけるようになりましたが、やっぱり田舎そばはちょっと太くてほどよくホシが飛んだ表情をしている方が美味しそうに見えます。越前そばもこういうタイプが多いです。

↓こちらはそば打ち体験施設。

多目的な体験施設を備える山びこの丘(愛知県新城市)では、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。
小中学生が体験学習のためにそば打ち体験することもあるとのことですが、これだけの施設でみんなで体験でしたら楽しいでしょうね。奥の扉の向こうには陶芸の体験スペースがあり、体験施設の幅の広さに驚きの連続でした。

多目的な体験施設を備える山びこの丘(愛知県新城市)では、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。
250g~500g打つのにちょうどいいサイズのこね鉢。このテーブルで2組同時に体験できるので、団体での対応もばっちり。講師はもちろんお母さんたち♪

多目的な体験施設を備える山びこの丘(愛知県新城市)では、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。
そば処やまびこができたのも元々はそば打ち講師を務める数名のスタッフからの声がきっかけだったそうですが、今では全員が講師を勤め、全員で交互に蕎麦を打てるようになったというのはすごいですね。秋には地元で収穫された新そばも味わえるそうです。福井から新城市へは車で4時間ほどかかるので頻繁には行けませんが、いつか奥三河をじっくりとドライブしたいと思いました。

[そば処やまびこ(山びこの丘内)]
住所:愛知県新城市玖老勢字新井9番地
電話:0536-35-1191
営業時間  11:30~14:00
定休日:第2・第4火曜日

カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き | タグ: | 愛知県新城市にあるそば処やまびこ(山びこの丘内)は、毎朝手打ちの挽きぐるみ田舎蕎麦が食べられる。 はコメントを受け付けていません。