挽きぐるみと丸抜きの野趣あふれる味わいとそばの甘みを楽しむため、粗挽き蕎麦2種を辛味おろしで食べ比べてみた。

おはようございます!

一面の曇り空が広がる福井市です。
昨晩はどうにもこうにも寝付けず、薄い眠りのまま朝を迎えたため寝不足気味です。
季節の変わり目になると体調が思わしくなくなるというか、どこか変な感じになるんですよね。
気を引き締めて今週もがんばりましょ。

この前、2種類の粗挽きそばを辛味おろしでいただきました。
まずは皮ごと製粉した挽きぐるみの【奥越】粗挽きそば粉で打ったお蕎麦から。

挽きぐるみと丸抜きの野趣あふれる味わいとそば本来の甘みを楽しむため、粗挽き蕎麦2種を辛味おろしで食べ比べてみた。

粗挽きは切れやすいのでいつもは太めに仕上げるんですが、今回は細切りに打ってみたところ、麺が薄く透き通って粗挽きの粒々が映えてなんかいい感じに仕上がりました。
粗挽きながらつるつるとした食感ともちもち感がいいですね。噛むほどにそばの味わいが口に広がって、赤大根の辛さともマッチした美味しさでした。

挽きぐるみと丸抜きの野趣あふれる味わいとそば本来の甘みを楽しむため、粗挽き蕎麦2種を辛味おろしで食べ比べてみた。

次に、丸抜きを粗挽きに仕上げた【吉峰】抜き粗挽きそば粉で打ったお蕎麦。

挽きぐるみと丸抜きの野趣あふれる味わいとそば本来の甘みを楽しむため、粗挽き蕎麦2種を辛味おろしで食べ比べてみた。

冷水で〆た瞬間は奥越よりも透明感と光沢があってプリプリしてるんですが、お皿に盛って写真を撮ってる間に時間が経ってしまって色味がくすんでしまいました・・

挽きぐるみと丸抜きの野趣あふれる味わいとそば本来の甘みを楽しむため、粗挽き蕎麦2種を辛味おろしで食べ比べてみた。

そば殻が入っていないので、粗挽きながらのど越し良く、噛むと上品な甘みを感じます。
僕は出汁にそば湯を半分くらい入れて、そこにこのお蕎麦をくぐらせて食べるのが大好きなんです。とろみのついたダシがそばにまとわりついて何ともいい感じですよ。お試しください。

【奥越】【吉峰】2種類の粗挽きそば粉は末吉の越前そば粉オンラインショップで通販できます。
ただいま、大野市産の完熟そばを製粉しております。香ばしい香りとそばの旨みをお楽しみください。

[2月27日(水)]
玄そば産地:福井県大野市産(完熟そば)、永平寺町産(完熟そば)
天気:雪
石臼工場内室温:5℃
石臼工場内湿度:53%
———————————-
福井県産の石臼挽き越前蕎麦粉は、カガセイフン本社工場で製粉しています。
営業時間(月~金)8:30~18:00 休業日:土日祝
挽きたて越前そば粉のお取り寄せは、オンラインショップの末吉の越前そば粉をご利用ください。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

過去のブログはこちら→「粉奈屋六代目ブログ

5代目社長のブログ→「蕎麦粉は人生

おかみブログ→「石臼で挽く越前蕎麦が大好きなおかみ>」

※このブログ内の文章や画像を弊社の了承なく複製、使用することを禁じます。

石臼挽 越前そば粉製造元 株式会社カガセイフン Facebookページ

越前そば粉 カガセイフン[末吉製粉]

粉奈屋6代目:加賀健太郎

Kentaro
Kaga

越前ふくいそばまつり 「全日本 素人そば打ち名人大会」Facebookページ

——-

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: 【吉峰】抜粗挽き蕎麦粉, 【奥越】粗挽き蕎麦粉, 福井県産完熟(熟成)そば, 越前そば粉の商品情報 タグ: パーマリンク