2022年1月31日月曜日 本格的に仕事モードに入りました

令和4年がスタートして早、1か月が過ぎようとしています。皆様お元気ですか?

私も疲れ気味な体を厭いつつ、日々頑張っています。おかげ様です。

新しい年、令和4年壬(みずのえ)寅年です。このみずのえ・みずのと・かのえ・かのとと聞いて思い出すのは、「鬼滅の刃」の最終選抜後に階級を説明される場面ですか。数十年間アニメを見るなんてまずないことでしたが、孫に教えられてしっかりはまってしまいました。

でも、コロナ禍で何もできずにいた時にこのアニメに救われましたよ。コミックを全部買い込んで、1日1冊ずつ寝る前に読んでいました。言葉に打たれるというか、読みながら涙したり、そうそうと頷いたり、その時間があるだけで1日の終わりが楽しかったなと今でも思いますもの。

今は日曜夜のアニメを録画して、時間のある時に観ながら楽しんでます。孫のおかげでひとつ楽しみが増えましたね。

さて、年明け早々から会社の改装工事が始まりました。

1階にあったトイレを壊して、そこに新しいトイレと長年欲しかった更衣室を作ってもらいました。更衣室は、HACCPに対応できるようにと鏡・身支度用品・埃取りなどを備えるように考えています。衛生区、非衛生区の区別をして製造していかないと仕事ができなくなりますので。

17日からは製造現場の空調を入れる工事が始まりました。粉や埃が大敵な工事の為、お客様にはご迷惑をおかけしましたが、2週間製造ができない状態で進めてきました。それも終わり、28日には引き渡しが行われ、今日からは新装開店といった気分で仕事を始めています。

仕事をしながら今までと変わりないか確かめつつ、石臼の動きやミシンなどの機械類のメンテもその都度施していきます。製造現場の中にあった粉を入れる袋やハンコ・シール類も作業場前のスペースに移して、製造でき次第袋を持ち込んで製袋する方式に変えています。

機械類の配置も少し変わりましたので、安全に使いやすいようにコードなどの配線を動かしたり、機械に必要な受け缶の位置も考えたりしながら動いています。今日はスロースタートでちょうどいい日でした。

新しいものは気持ちがいいですし便利ですが、ライフラインが途絶えたら使えなくなるものばかり。手洗いの水もトイレの中の設備も自動、すべて電気が必要で、衛生面を考えたらそれでいいのでしょうが、怖い面もありますね。昔人間はこういうことを言うから疎まれるのですけどね。

久しぶりに粗挽きのそば粉を挽きましたが、奥越と吉峰の石臼さんは変わりなく、いつも通りの仕上がりでほっとしています。また皆さまに美味しいお蕎麦を召し上がっていただけるように、そば粉の製造に頑張っていきます。

ご注文をお待ちしております。

写真を撮っていませんでしたので、とりあえず文章だけお読みいただきますね。

事務所も寒くなってきました。暖房を止めたから!帰ります! では。