TEL:0776-54-0578 8:30~17:30(土日祝日休み)

提案・試作ご相談フォーム

そば粉の納品事例

HOME > そば粉の納品事例 > カフェ やさしいちから。様/ 神奈川県横浜市

そば粉の納品事例

← 納品事例一覧ページに戻る

ガレット粉向けカフェ やさしいちから。様/ 神奈川県横浜市

食べに来てくれた熱心さと
相談しやすいフレンドリーな
対応が好印象でした。

カフェ やさしいちから。  金子ご夫妻

ランチは常に予約で満席という人気店。2009年の開店以来、カガセイフンのそば粉でガレットを提供しています。店名と同じくやさしい雰囲気のオーナー夫妻に会いたくて、神奈川まで足を延ばしてきました。

生地に浮かぶ黒いプチプチ感が、とってもワイルド
ソバの香りも味もする、福井産のそば粉に決定

『カフェ やさしいちから。』さんは、わりと早くからガレット料理に取り組まれましたね? カガセイフンがガレット粉の開発をする以前に連絡をいただきました。

金子さん(以下、金子) 自分が食べてみておいしかったので、店を出すときはガレットにしようと決めていたんです。準備を始めたのが2008年くらいで、自宅にガレットパンを設置して私が納得するそば粉を探し始めました。

カガセイフンのそば粉を選んだ理由を聞かせていただけますか?

金子 インターネットで探して全国から5~6社取り寄せたんですよ。一番味わい深く仕上がったのがカガセイフンさんのそば粉でした。他社の粉はね、なんかきれいに焼けちゃって。おせんべいみたいな感じで味気なかったのを覚えています。カガセイフンさんのは、黒い斑点がある! プチプチ感が残る! ワイルドなガレットだよね~と感じて(笑)

ワイルドさをお望みなら、もっと粗挽きを入れてホシ(黒い斑点)を増やしましょうか?とも提案しました。

金子 ただ、いったん「この味!」と思うとなかなかそれを上回るイメージが付きにくかった。すでにガレット料理が定番になり、常連の方も味になじんでくれていましたから。提案はいただいたけれども結局黒く斑点の多い生地にしなかったんです。

『やさしいちから。』の定番の味にするまで、粉のコントロールが難しかったです。「今回の粉は粘りがあるな」「味や色が薄いな」と。毎回同じ配合にしているのに、生地の感触に重い、軽いがあるんですよ。

伝統的なフランスのやり方にのっとったレシピには「そば粉と水だけで作る」とある。それがなんかおいしくなくて(苦笑)。「もう、自分たちがおいしいと思うものを作ろう!」ってなりました。奥さんが製菓の勉強をしていたので、アドバイスをもらって生地を改良していきました。
カフェ やさしいちから。 金子ご夫妻と

食べ合わせてマッチするものはなにか
うちの店の生地に合う具材で勝負する

トッピングが独特ですよね。ボリュームがありつつ、具材にも驚きがあります。メニューに気を付けていることはありますか?

金子 ガレットって、生ハムとちょっとの野菜があれば、生地本来の味を楽しめるんです。人気はやはり生ハム、サーモン。ベーコンやチーズとも生地と相性がいいですね。意外にアボカド、ジャガイモなど、こってりコクがあるものもお客様に好まれます。チーズの種類を変えたり、具材に冒険をしたりして、変化を付けるようにしています。甘い具材にもガレットが合うってところがいいんですよ。
カフェ やさしいちから。 ガレット

カガセイフンのそば粉はお役に立っていますか? どんな印象をお持ちでしょうか?

もちろんです! もう、粉に愛情が詰まっています! そば粉を手にするたび、丁寧なお仕事をされていると実感します。私はコーヒー豆を扱う仕事をしていたので酸化にすごく気を遣う。カガセイフンさんもたいそう気にしていますよね。そば粉に真摯に向き合っている姿勢をオリジナルの箱やアルミのパッケージから感じます。私たちもちゃんとやらないと申し訳ないという気持ちになるんですよ。
カフェ やさしいちから。 金子ご夫妻

仕入れ食材全般に言えるのですが、価格は単に「高い安い」に観点ではなく、自分たちの基準を持ち「合うか合わないか」を決めています。お客様にお出しする料理について自分たちが一番納得したいからです。

そうそう、「業務用なら送料も相談に乗りますよ」って最初に言ってもらえたときの、フレンドリーさも好印象でした。一番助かったのは小分け対応ですね。小さい店なので消費量もまちまちですから粉の劣化も気になっていたのです。そのことを伝えると1キロずつ真空パックに小分けして、5キロから配送してくれました。
カフェ やさしいちから。 ガレット

営業するうえで工夫されていることを教えてください。

ガレットオンリーではなく、アレルギーの方ならパンケーキやパスタを選んでもらえるように選べるようにしています。ガレットとは違うメニューを増やしてファン層を広げています。

あくまでもうちはカフェで、おいしいものを提供する店。そしてガレット料理が売りで、それを目当てに遠くからもお客様が来てくれる。カガセイフンさんのそば粉があるから、ガレットの店『やさしいちから。』になったといえるでしょう。加賀さんがまた、こうして店に来てくれるのが何よりうれしいね。

カフェ やさしいちから。 店内

カガセイフン 加賀健太郎が、そばで感じたソバのこと。

野菜がたくさん盛りつけられているので見た目が華やかです。野菜が多いとどうしても水っぽくなりがちですが、しっかり水切りしてあって最後までシャキシャキと食べられます。生地の塩分もちょうど良く、具材と合って飽きのこない味です。付け合わせやドリンクにもこだわりが見られて、女性リピーターが多い理由がよく分かります。

以前訪問したとき、あちこちから「おいしい」「かわいい」という声がたくさん聞こえてきました。このお客様たちにこれからも足を運んでもらえるようにがんばろうと、私もパワーをもらいました。

取材協力店
【カフェ やさしいちから。様/ 神奈川県横浜市】

〒240-0052 神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1079-5

TEL 045-381-4004

営業時間:火~土曜日 11:00~21:00(ラストオーダー20:00)

日曜・祝日 11:00~15:00(ラストオーダー14:30)

定休日 :月曜日・第3日曜日 臨時休業あり

駐車場 :なし

アクセス:相鉄線・西谷駅南口階段おりて20m直進左手すぐ

HP       http://www.caffe-yasashii-chikara.com/

 

加賀健太郎ブログ「越前そば粉屋六代目の加賀健太郎は石挽きの音に癒される」

横浜西谷駅前のカフェやさしいちからさんは、新鮮野菜たっぷりのガレットと細かい心づかいが嬉しいお店でした。
https://www.kaga-seifun.com/sobako/soba_konaya6/garettecrepe/1415/

納品事例納品事例一覧へ