TEL:0776-54-0578 8:30~17:30(土日祝日休み)

お問合せフォーム

そば粉の納品事例

HOME > そば粉の納品事例 > 手打ちそば 花潮(かちょう) 様/神奈川県横浜市

そば粉の納品事例

← 納品事例一覧ページに戻る

そば粉向け手打ちそば 花潮(かちょう) 様/神奈川県横浜市

蕎麦やそば打ちについても
なんでも相談にのってくれる
加賀さんは心強い味方です。

手打ちそば 花潮 佐藤憩孝さん

「どうやったらもっとおいしくなるのかしら」常に蕎麦や蕎麦打ちのことを前向きに考える佐藤さん。そば粉への疑問やそば打ちの悩みもお持ちとのことで、直接お話を伺ってきました。

「福井県産」の一言が、お客様の目にとまる。
話題のきっかけになり、話が弾むことも。

横浜のよく知られた場所で、福井の蕎麦が食べられる! こんなうれしいことはありません。お客様の反応はいかがですか?

反応、すごくありますよ。おもての看板に「福井県産」と出しておくと「この店の蕎麦、福井のものなんだ」といって入って来られるお客様がいますもの。みなさん口々に「福井出身です」「福井に住んでいたことあります」と話しかけてくださるので、会話のきっかけになります。

現在自店では、福井産と北海道という2つの産地を使った2色せいろを出しています(2017年秋時点)。食べ比べができる楽しさを知ってほしくて。お蕎麦好きで通の方は「福井産がうまい」とおっしゃいますね。

手打ちそば 花潮(かちょう) 様 蕎麦

福井県のそば粉を使い始めてから、何度かお電話いただきました。お悩みもあったご様子です。

蕎麦打ちの経験が浅いので、思うようにつながらないこともあるんです。強力粉を入れると固くなるし…。【金華】は初心者用と聞きましたが、私には難しい粉でした。1日に何回か打つものの「先ほどできた麺と今回は違う、配合は一緒なのになぜなんだろう」と試行錯誤の繰り返しです。福井の蕎麦を知る方からは「おいしかった」と言ってもらえるので大きな励みになっています。

数ある粉屋から、なぜカガセイフンを選んでくれたのですか?

「そば粉を選びたい」と店のオーナーに相談していました。しかし私もオーナーもそば粉の良し悪しが分からない。そこでインターネットで片っ端からサンプルをいただき、最初にリアクションがあったのがカガセイフンさんだったのです。このスピード力に信頼がおけました。

とはいえ、他県他店の粉も取り寄せて、蕎麦にしてみましたよ。ところが長野、群馬、北海道など有名どころの産地のものは、私には合いませんでした。味気がないというか、香りがしないというか。

ところがカガセイフンさんのそば粉を使うと全然違う! もうびっくり! カガセイフンさんから届いたそば粉の袋を開けた瞬間、ふわっと香りがして。「これがソバの香りなのね」と初めて感じました。

ありがとうございます。

手打ちそば 花潮(かちょう) 様 店主と語り合う加賀社長

ソバやそば粉、打ち方など知りたいことは尽きない。
専門用語を使わず、丁寧に教えてくれる加賀さんが頼り。

いま、そば粉でなにかお悩みはありますか?

ホームページに書かれていた、使っている粉に粗挽き粉を足すというのはどういう意味でしょう?

蕎麦の食感につぶつぶ感を出したいときに粗挽き粉を入れるんです。製麺すると白さのなかにホシ(黒い斑点)が浮かんで、見た目のインパクトが出ます。今お使いのそば粉に、粗挽き粉をブレンドすることができます。いわゆる試作です。

味や香りのことはもちろん、店にでる分量がどれだけあればいいのか分からないので、試してみたいです。試作してくれるのはありがたいですね。自分がいいと思う割合を確認したいです。

ご希望の割合で試作した粉をお渡しします。一度お使いになって、ご意見をフィードバックしてください。花潮さんだけの粉に仕上げることができます。そば粉到着後、ブレンドする手間を省くため、カガセイフンで配合通りにしてから納品も対応します。

専門用語を使わずに、分かりやすく教えてくれる加賀さんは私の味方。蕎麦打ちは楽しいですし、もっとうまくなりたいんです。経験値が浅くても一から力になってくださる加賀さんが頼もしい。分からないなりにインターネットであちこち調べますが、あてにならず迷ってしまいます。そば粉のことはそば粉屋さんに聞くのが一番いいと分かりました。

手打ちそば 花潮(かちょう) 様 おつまみ

カガセイフン 加賀健太郎が、そばで感じたソバのこと。

初めてのお取引でしたから、どのように挽き、どのタイミングで供給すればいいかカガセイフンを試してもらうことにしました。初回ご連絡いただいてからすぐに実食のため訪問し、挽き方や仕上げの細かさなどの要望を聞いて対応しました。関東は福井と蕎麦文化が違い、黒っぽい蕎麦が受け入れられるのか心配しましたが、杞憂でした。

佐藤さんが打つ蕎麦は、男性のように力が入った感じではなく、しなやかで優しい口当たり。じっくり蕎麦と向き合える静かな空間。日本酒や肴も豊富にそろえてあり、大人の蕎麦の食べ方ができます。

『手打ちそば 花潮』さまへの納入事例
納入そば粉とご注文頻度と数量
夏の新そば粉(夏季)通常は【金華】特上そば粉 半月に20㎏~30㎏

 

 

取材協力店
【手打ちそば 花潮(かちょう) 様/神奈川県横浜市】

〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町 1丁目17

TEL  050-5319-4330(留守番電話専用・メッセージを録音してください。折り返しかけ直します)

営業時間:11:50~15:00 17:00~21:00(ラストオーダー)土日祝は12:00~21:00(ラストオーダー)

定休日 :月曜・火曜(祝日の場合は営業)

駐車場 :なし

アクセス:

JR根岸線石川町駅南口からリセンヌ小路徒歩3分。みなとみらい線元町中華街駅より徒歩8分

https://www.facebook.com/kacho.soba/

 

加賀健太郎ブログ「越前そば粉屋六代目の加賀健太郎は石挽きの音に癒される」

[横浜/石川町]手打ちそば 花潮(かちょう)は、福井県産そば粉と国産食材にこだわり女性が手打ちする蕎麦店。

https://www.kaga-seifun.com/sobako/soba_konaya6/soba-udon-aruki/12620/

納品事例納品事例一覧へ