奈良・東大寺前 “蕎麦とうなぎ”の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。

奈良の東大寺。修学旅行で来て以来です。
当時は探せば外国人がいるという感じだったように記憶していますが、今は日本人はどこにいる?って逆に探さないといけない状況になっていると言っても過言ではありません。管理スタッフ以外、見渡す限り外国人で聞こえてくる言葉は中国語、英語、ハングル語、フランス語、スペイン語までは何となく分かりました。あと何語か分からない会話が3つほどあったでしょうか。外国にいるような錯覚になります。

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。
それだけ日本がグローバルになったってことですね。
今さら何を言ってんだ!って言われそうですが、福井にいると本当に外国人に会わないので、20年分の外国人に一気に会った気分です(笑)

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。

そんな東大寺から歩いて4、5分ほどのところに今回、お邪魔した蕎麦とうなぎの紅屋(べにや)さんがあります。黒い建物と提灯が目印です。

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。
古民家を改装した純和室の店内は、おばあちゃんの家に来た時のような落ち着いた空間が広がっていて時を重ねた建物そのものの香りも良いです。足元を彩る窓越しの植物や石臼も風情があります。

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。

紅屋さんでは、冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦で蕎麦を打ち分けているこだわりぶり。奈良県は酒蔵が多いので、素晴らしい水に恵まれていることは間違いありません。お蕎麦の期待が膨らみます。

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。

お願いしたのは、お蕎麦と小さいうな丼のセット。
まずはお蕎麦!と本来は迷わず箸がそっちの方に進むはずなんですが、あまりの空腹に僕の思いとは裏腹に食欲の思うままに鰻の方に箸が伸びる。
表面はカリッと香ばしく、噛むほどに美味しい脂が舌に出てくる肉厚の鰻。フワッとしていて小骨もなく鰻自体の味が濃い。夏の丑の日くらいしか食べる機会に恵まれないので、丑の日以外に食べるなんて贅沢だなーと家族に申し訳ない気持ちでいっぱいに。

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。
そしてお蕎麦。
黒すぎず細切りで喉越しのいい麺線は、すすって鼻から抜ける香りを楽しむもよし、噛んで喉の奥から上がってくる香りを楽しむもよし。鰻を食べた後なのにちゃんと蕎麦の香りがするのが嬉しいです。鰻とお蕎麦ってあまり合わないと思っていたんですが、かば焼きの香ばしい香りと濃厚な脂をお蕎麦がサラリと流してくれて、最後は良い香りで〆られるっていうのは快感でした。

奈良東大寺前にある蕎麦と鰻の紅屋(べにや)は、古民家でいただくお料理に旅路の疲れが癒される。
福井から奈良ってすごく遠いイメージだったんですが、今回、初めて自家用車で行ってみて、3時間足らずで着いてしまったので、すごく身近になりました。今後、子供たちを連れて行く回数が増えそうです。

[紅屋(べにや)- そばとうなぎのお店]
〒630-8273 奈良県奈良市押上町9-1
営業時間:11:00~19:00
定休日:不定休

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理, 蕎麦・うどんの食べ歩き タグ: パーマリンク