塩だし蕎麦で有名な池田町のそば処一福(いっぷく)が、福井市内に蕎麦Diningとして新規オープン。

池田町に本店を持つ塩だしそばの名店、一福(いっぷく)さんが福井市内に2店舗目を出されてから2年ほど経つでしょうか。開店早々に行ったらすごい人で断念。2回目は定休日で入れず。僕一人だと入れないのかな・・と思って、3度目の正直は食事のお誘いをいただいてやっとご縁をいただくことができて行くことができました。

お店が入っている建物は国道沿いにありますが、店舗は控えめな造りで外から店内の様子も見えにくいので入りやすいです。また、入り口の大通りから離れているので騒音も気になりません。

塩だし蕎麦で有名な池田町の一福(いっぷく)が、福井市内に蕎麦Diningとして新規オープン。
入店してすぐ見えるのはバーのようなカウンターとお酒の数々。1人も利用しやすい造りになっているので、お酒とお蕎麦をじっくりと楽しめそうです。

塩だし蕎麦で有名な池田町の一福(いっぷく)が、福井市内に蕎麦Diningとして新規オープン。
蕎麦Diningというだけあって、メニューにはお蕎麦以外にも一品料理や季節のお品なども揃っていて、地酒もお蕎麦を引きたてる蔵元がずらり。蕎麦好きで酒呑みにはたまりません!お料理とお酒を一通り楽しんで〆のお蕎麦を注文♪

▼そばがきの塩だし餡かけ(生わさびのせ)

塩だし蕎麦で有名な池田町の一福(いっぷく)が、福井市内に蕎麦Diningとして新規オープン。
塩だしのシンプルな味わいがそばがきの美味しさを一層引きたてて、ねっとり滑らかで口に入れるとフワッととろける舌触りはクセになります。挽きたて新鮮なそば粉じゃないとこの食感は得られません。生わさびを合わせるとまた鮮烈で久しぶりに美味しいそばがきを食べました。

▼名物!塩だしおろし蕎麦

塩だし蕎麦で有名な池田町の一福(いっぷく)が、福井市内に蕎麦Diningとして新規オープン。
一福と言ったらこれですよ!
今まで福井から1時間かけて池田町の本店まで行っていたので、行く楽しみが無くなってしまったという寂しさはあるものの、福井市内で身近にこの味が食べられるというのはすごく嬉しいことです。

塩だし蕎麦で有名な池田町の一福(いっぷく)が、福井市内に蕎麦Diningとして新規オープン。

中太のお蕎麦は黒すぎず白すぎず、食欲をかき立てる越前そばらしい見た目の良さ。
そば粉は石臼で微粉になるまでじっくり挽かれているから、表面はつるつる滑らかなのに出汁をほどよく引き上げてくれて、噛むとムチムチっとした食感がすごく心地いい。今回はたくさんお料理を楽しんでからの〆のお蕎麦でしたが、次回は純粋にそばがきと塩そばを日本酒で楽しみたいと思いました。

食事も蕎麦もお酒も雰囲気も満たしてくれる蕎麦Dining一福さん。
お一人でもお仲間でもお客様の接待にもお薦めです。

以下、一福本店と塩だし蕎麦のおとりよせ先をご紹介します。

そば処 一福(本店)
池田町の本店は週末には列を作るほどの人気店なので、できれば平日に行かれることをお薦めしますが、週末なら時間をずらせば比較的入りやすいです。

そば処 一福(塩だし蕎麦のおとりよせ)

[蕎麦Dining 一福(いっぷく)]
〒918-8239 福井県福井市成和1-3106 KENJIビルF1
電話:0776-63-6825
営業時間:【平日】11:00-14:00/17:00-22:00 【金曜日・祝日前】11:00-14:00/17:00-00:00 【土曜日・祝日】 17:00-00:00
定休日:日曜 ※連休時は営業

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き タグ: パーマリンク