京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。

2019年3月14日(木)~3月24日(日)の期間内、関西エリアで開催されている、ガレットフェア「FUKUI SOBAフェア」 実施店のCREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEさんに行ってきました。

京都はここ5年の間にガレット専門店が続々と開店しており、カフェやお蕎麦屋さんのメニューの中にガレットを取り入れるお店も増えてきました。オルハコシトカフェさんは、京都ではいち早く開店されて着々をファンを増やしています。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。
お昼時に入店したらテーブル席は満席で、カウンターは僕が席に着いた後に2組座ってほぼ満席状態に。京都にもガレット好きが増えているんだなと実感できて嬉しくなりました。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。
白を基調とした店内は開店から5年が経っていると思えないくらい清潔感があり、席は1人当たりのスペースが広いので一人でも友人とでもゆっくりと食事が楽しめます。席に着くとメニューの説明をしてくださり、ガレットの卵の焼き加減なども細かく好みに合わせてくれます。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。
店主の佐藤さんが日本中を回って集めてきた国産シードルを始め、フランス産シードルもたくさん取り揃えてあります。車じゃなければ色々なシードルを飲み比べて幸せになりたいんですけどね(笑)

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。

カウンターから佐藤さんの技を直に見ることができるのがこのお店の特徴。生地をガレットパンに落としてからの素早いロゼル捌きをぜひ見ていただきたいです。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。
生地に浮かぶ気泡の加減やサクッとした食感を出す為に生地の作りから熟成時間まで細かく管理しているそうです。また、鉄板も開店した頃はまだ新しくて思うように焼き上がらなかったそうですが、5年間、毎日のように鍛え続けてきたことによって鉄板に油が染み込んで、理想の仕上がりに近づいてきているんだそうです。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。

今回はさっぱりとトマトのコンプレットをお願いしました。たっぷりのサラダも添えられているのがいいですね。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。
毎年、季節の変わり目に来るようにしているのですが、やっぱり佐藤さんの焼くガレットは美味しいです。表面はカリッとしているんですが、中はモチッとしていてその食感の対比が心地良いんですよ!と、お話したら「その食感を目指しているんです♪」っていう答えが返ってきて「なるほどー」と思いました。

京都市CREPERIE ORUHAKOSHITO(オルハコシト)CAFEのガレットは、仏ブルターニュで修行した店主の技が光る1枚。
日々、変化する生地や鉄板の状態を把握しながら微調整を行っているから、いつもと変わらず美味しいガレットがいただけるんですね。生地の打ち方、熟成、焼き方の違いで全く別のガレットになるというのは蕎麦道に通じるものがあります。

美味しかったです♪

CREPERIE ORUHAKOSHITO CAFE(クレープリー オルハコシトカフェ)
京都市中京区蛸薬師通富小路東入油屋町146 ラポルトビル3F

▼ガレットフェア「FUKUI SOBAフェア」について
https://www.kaga-seifun.com/sobako/soba_konaya6/13691/

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理, 蕎麦・うどんの食べ歩き タグ: パーマリンク