奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルー ド ロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。

2019年3月14日(木)~3月24日(日)の期間内、関西エリアで開催されている、ガレットフェア「FUKUI SOBAフェア」 実施店のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)さんに行ってきました。

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。
こちらは、INDIGO(インディゴ)という建築設計事務所が家づくりや街づくりの中で一つのカテゴリとして「食」を提案されています。1階がオフィス兼来客スペース。

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。
2階が主にレストランスペースとなっていますが、食事をしながらの打ち合わせもされていらっしゃるそうです。店舗設計にも役に立ちそうなオシャレで清潔な店内は白を基調にしているので明るく開放的です。

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。
ランチはガレットを中心としたメニューで、夜は貸切パーティーや女子会などにも使われるそうです。

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。
おまかせガレットは、お野菜ときのこ類、豆、ソーセージの入った豪華版♪
そして、トマトを潰したままスープにしたような濃厚なトマトスープ。

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。
ガレットというと本場ブルターニュのように薄焼きでパリッとした食感のものが多いですが、ブルードロワさんのはそういう意味では対極です。生地の表面こそサクッとしているものの厚焼きなのでモチッとしていて軽い噛み応えがあります。またガレット専門店では必ずバターやラードを使ってガレットを焼きますが、ガレットに油分をあまり感じないのでヘルシーです。もちろん油分が少ない分、生地はモソモソしますが、具材に水分があるので一緒に食べるとちょうどいい。別皿のトマトソースをかけても美味しい♪

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。

それからこれがすごく美味しかったです。
マスタードと大根を合わせて作った薬味だそうで、肉にも野菜にもガレットにも合う魔法のソース。マスタードだけではちょっとキツイという方は絶対好きだと思います。

奈良県香芝市のCREPES & GALETTES ブルードロワ(BLEU DE ROI)は、日本人が好むフランス家庭料理を気楽に楽しめる。

今まで色々なところで様々なガレットを食べてきましたが、日本人好みのガレットというカテゴリがあるならブルードロワさんは3本の指に入ると思います。どんなに美味しいガレットでも途中で飽きてしまったり、食べ疲れてしまったりしますが、ガレット自体が軽い仕上がりになっていたり具材や薬味に日本人ならではの細かい工夫があったり、もちろんお店の演出だったり。

なかなかこういうガレットを食べさせてくれるお店はないと思います。
美味しかった♪

CREPES & GALETTES BLEU DE ROI(ブルー・ド・ロワ)

▼ガレットフェア「FUKUI SOBAフェア」について
https://www.kaga-seifun.com/sobako/soba_konaya6/13691/

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: そばガレット、クレープ、そば粉の料理, 蕎麦・うどんの食べ歩き タグ: パーマリンク