小松市ほたやShokudo(旧 保田家つるつる庵)が、小松うどんと蕎麦のセルフ型店舗にリニューアル。

2018年末にリニューアルされた小松市のほたやShokudoさんに行ってきました。小松うどんと蕎麦を中心とした業態はそのままに「保田家つるつる庵」という屋号を「ほたやShokudo」へ変更し、お店のスタイルをセルフ型にされました。

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。
いわゆる某うどんチェーンを模したそば屋バージョンが、近年、首都圏を中心にその数を増やしてきていて、かつ自家製粉・自家製麺を取り入れている店舗も見かけるようになってきました。専門店とセルフ型ではターゲットとする客層は違いますが、セルフは削減できるコストを価格や素材、ボリュームに転嫁させることができるので、顧客満足度は高いでしょうね。

実際、僕も今まで東京、大阪、信州、名古屋などでセルフ型の蕎麦チェーンに何度も足を運んでいますが、蕎麦はシャキッとコシがあって香りもあるし、天麩羅や一品ものも満足できてしまう。中には全国各地の日本酒などもそろえてあるようなところもあって、全然馬鹿にできないんですよ。

北陸にもそろそろ来るだろうな・・来て欲しいな・・早く来ないかな・・と思っていたところだったので素直に嬉しい!

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。
お盆を持ったら壁に書かれている麺類やご飯もののメニューから、手元にある自分の食べたいカードを取ります。次に揚げ物や薬味類を選んで会計と同時に注文完了。
全国チェーンのうどん屋さんとシステムは同じですが、こちらの方がゆとりがあってゆっくりと食事が楽しめるようになっています。

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。
番号札が渡されるので、好きな席で待ちます。店内は自然光が良く入るので明るくて広々。お子様連れも入りやすい造りになっているので安心です。

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。
数分で番号が呼ばれ商品を受けとります。
シンプルにざる蕎麦。

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。
真冬の冷水でギュッと〆られた平打ちのお蕎麦は、セルフになってコストが下げられる分、盛りが以前より多くなったように感じます。蕎麦っ喰いには嬉しい限り♪ 噛むとしっかり歯を受け止めるコシがあって、出汁が無くてもそばの香りと甘みを楽しめます。ほとんど出汁なしで食べちゃいましたw

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。
入店した時には気づかなかったですが、店内入り口にほたやShokudoさん(旧 保田家つるつる庵)の歴史や材料に関する紹介ありました。どれだけ地元に愛されているお店でも跡継ぎがいないとか、技術の承継ができないなどの理由で老舗がどんどん少なくなっていく現代でこのようにリニューアルされ新しい形態にチャレンジしていくのは素晴らしい事だと思います。

小松市ほたやshokudo(旧 保田家つるつる庵)が、セルフスタイルにリニューアル。小松うどんというのも以前から知っていたものの、あまり食べる機会に恵まれなかったので、次回は蕎麦と小松うどんを食べたいと思います♪ 小松に行ったら、ほたやShokudoさんお薦めですよ!

[ほたやShokudo(旧 保田家つるつる庵)]
〒923-0864 石川県小松市有明町21
TEL:0761-22-6342
営業時間:11:00~15:00
定休日:月曜日

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き タグ: パーマリンク