越前市にある自家製粉くらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。

越前市にある、くらそば幸道さんで行われたブラジリアンナイトにお誘いいただきました。美味しいお蕎麦を楽しみ、ブラジリアンミュージックを愉しむという素晴らしい企画。

越前市のくらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。
会場は満席で厨房は大忙し。知らない人ばかりかと思いきや、お知り合いの方々が結構いました。まずはお蕎麦でお腹を満たす。

越前市のくらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。
おろし蕎麦に厚揚げの炊き合わせ。
昨年の福井はソバが凶作で作柄も例年に比べるとやや劣るところが多い中、くらそば幸道さんのお蕎麦は、まず食べる前からソバの穀物香が鼻に届きます。

越前市のくらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。
「これは出汁要らないやつだ・・」と思いつつ、1本、また1本とそのままお蕎麦を口に運び、合間に出汁をちょっと口に含む。ムチムチッとした歯ごたえと最後はプツッと切れる歯切れ感が実に心地いい。
挽きたてのそば粉をなるべく低加水で水回しし、十分に水が回っていないとこのモチモチ弾力は出てこない。また、沸騰した釜で一気に茹で上げるからこのデンプンの甘さと歯切れの良さが生まれる。すぐにのびてしまうから早く食べたいけど、一気に食べるにはもったいないと思わせるお蕎麦でした。

越前市のくらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。
そばプリン。
そば茶を濃く煮出して作ったプリンにそば茶がかけてあります。
トロトロとカリカリの対局の食感が楽しいですね。

越前市のくらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。

食事が終わるころ、いよいよブラジリアンミュージックの始まり。
僕の席はステージの正面からやや後ろ寄りだったのでどのように演奏しているのか、どんな楽器を使っているのか丸見えで、音楽をやっている人にとっては最高の場所なんでしょうけど、僕は全く楽器やらないのでひたすら手や指の動きを見ていたんですが、プロの方ってすごいですね。どうやればあんなクニャクニャ指が動くのかなーと(笑)

越前市のくらそば幸道(こうどう)で行われたブラジリアンナイトは、音楽をソバで感じる貴重な経験でした。
お腹も心も楽しませていただきました。
美味しかったです。

[くらそば 幸道]
〒9150091 越前市高木町36-7-8
TEL:0778-24-0777
営業時間:11:00~14:30/17:00~20:30
定休日:第3火曜日、毎週月曜日

加賀 健太郎 について

創業130余年 福井県産石臼挽 越前そば粉製造元の6代目です。幼少より粉の挽​ける音を聞き、目で見て、石臼が磨り減ると​共に成長しました。創業より受け継いだそば​粉づくりへの想いを繋ぎます。 加賀健太郎のGoogle+プロフィール
カテゴリー: 蕎麦・うどんの食べ歩き タグ: パーマリンク